探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 楽しむ・文化・スポーツ > 文化 > 上田城跡能 > 第十八回上田城跡能
URLを送る
印刷

更新日:2016年6月16日

第十八回上田城跡能

「第十八回上田城跡能」は終了いたしました。
大勢の皆様にご来場いただき、誠にありがとうございました。

サントミューゼ開館記念事業 「第十八回上田城跡能」

画像:上田城跡能

 上田薪能を観る会では、毎年、能楽の公演を企画・開催しています。

 18回目となる今回は、サントミューゼの開館にあわせて開催します。
今年は、能「翁」「高砂」、狂言「三本柱」を上演します。
 シテ方には観世喜之氏、観世喜正氏、狂言方には野村萬斎氏を迎えます。
一流の能楽師による幽玄の世界を、心ゆくまでご堪能ください。

 なお、関連企画として、本公演前に能楽を初歩から学べる「能楽講座」を、上田市立博物館では期間中に「能面展示」を行います。
 本公演をよりお楽しみいただけますので、ぜひご参加ください。

鑑賞券情報

好評につき、指定席鑑賞券(S席・A席)は完売しました。
自由席鑑賞券は上田市民会館と文化振興課の窓口で販売しています。

自由席鑑賞券をお求めのお客様へ

当日、午前11時30分から本公演入場用の整理券を配布します。

能楽講座修了後に会場入替がありますので、座席の場所取り等はご遠慮ください。

過去の上田城跡能

第十七回上田城跡能

能楽公演

日時

平成26年11月16日(日曜日)
午後1時30分 開演 (午後1時開場)

会場

サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター) 大ホール 地図

演目

能 「翁」 
 能にして能にあらずといわれる祝言曲。千歳が露払いとして躍動的な舞を舞う。それを受けて翁が御祈祷として翁舞を舞い、万歳楽を唱える。そして三番叟が五穀豊穣を願う「揉之段」と「鈴之段」を舞う。ストーリー的な要素はなく一曲を通して神事の様相であり、今回はサントミューゼの開館を祝賀して行う。

観世喜之
シテ:観世喜之
 ほか

狂言 「三本柱」   
 普請(新築)ができあがったので果報者は太郎冠者、次郎冠者、三郎冠者を呼び出して、切り出しておいた三本の柱を山に取りに行けという。三人の従者は山へ行き、一人一本ずつ持ちかえるが、途中、「三本の柱を、一人二本ずつもってこい」と果報者に問題を出された事を思い出す。太郎冠者がひらめいて、柱を三角形において、それぞれの頂点をひとりずつ持てばなるほど一人で二本持てる。これはめでたい形であるし、うまく問題が解けたと三人は喜んで囃しながら帰る。それを見聞きつけた果報者も大層喜び、浮かれて三人を家に迎え入れる。

萬斎MansaiNomura
シテ:野村萬斎

能 「高砂」  
 頃は初春、都へ上る途中に肥後国阿蘇の宮の神主友は、播磨国高砂の浦に立ち寄った。松の木陰を掃き清める老夫婦に、友成は高砂の松の所在を尋ね、遠く隔てた播磨国の高砂の松と摂津国住吉の松が、相生の松と呼ばれるいわれを問う。老夫婦は、古今和歌集仮名序を引用して松の伝説を語り、夫婦相老や松に関する和漢の故事を述べる。そして、万葉集の昔と同様に、当代の延喜帝のもとで和歌が栄えている事を松に例えて讃えた後、和歌は万物の心にこもると説く。やがて老夫婦は、自分達が相生の松の精霊だと打ち明け、住吉で待っていると言い残して沖へ消え失せる。残された友成も舟で住吉に向かうと、月下に住吉明神が現れ、春の景色を賞賛し、御代万歳、国土安穏を祝って末広がりの八段の舞を舞う。

観世喜正2012
シテ:観世喜正

その他出演者については、上田城跡能番組表(JPG:638KB)をご覧ください。

鑑賞券

【全席指定】
・価格:指定S席4,000円 指定A席3,500円 自由席3,000円

・発売日:平成26年9月10日(水曜日)

・販売場所:
平安堂(上田店・上田しおだ野店・長野店・若槻店・更埴店)(外部サイトへリンク)サントミューゼ上田市民会館上田文化会館丸子文化会館真田中央公民館上田市教育委員会第二庁舎(文化振興課)イベントナガノ(インターネット販売)(外部サイトへリンク)

(注)現在、自由席鑑賞券は上田市民会館と文化振興課の窓口で販売しています。

 座席の確認については、上田城跡能座席表をご覧ください。
ホール座席表(1階)(JPG:840KB)
ホール座席表(2階)(JPG:291KB)

その他

駐車場には限りがありますので、公共交通機関でのご来場にご協力ください。

関連企画

能楽講座

 本公演に先立ち、日本の伝統文化である能楽を能楽師がわかりやすく解説します。
 能楽に興味のある方はもちろん、「能楽は敷居が高い」と感じている方も、気軽に能楽を学ぶことができますので、この機会にぜひお出かけください。
 なお今回は、能楽講座の中で、本公演で上演する演目の解説をします。

日時

同日(平成26年11月16日) 
正午から午後0時45分まで(午前11時40分開場)

会場

サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター) 大ホール 地図

講師

観世喜正、佐久間二郎

入場料

無料

能面展示

 上田立博物館にて、上田市指定文化財「浜村家能面コレクション」のうち、今回の能演目で使用する能面と同種のものを中心に展示します。

期間

平成26年10月18日(土曜日)から11月24日(月曜日)
午前8時30分から午後5時 (注)入館は午後4時30分まで

会場

上田市立博物館(外部サイトへリンク)(上田城跡公園内:地図

入館料

一般250円、高校生180円、小中学生60円
(注)上田城跡能の鑑賞券をお持ちの方は入館無料となります。

主催

 上田薪能を観る会(上田観世会・上田宝生会・上田市文化芸術協会・上田市・上田市教育委員会)

後援

 長野県能楽連盟、信濃毎日新聞社、信州民報、東信ジャ-ナル社、週刊上田新聞社、上田ケ-ブルビジョン、丸子テレビ放送、イベントナガノ

お問い合わせ

上田市役所政策企画部交流文化スポーツ課

〒386-8601 長野県上田市大手一丁目11番16号

電話番号:0268-75-2005

ファックス番号:0268-22-4131

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る