探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 楽しむ・文化・スポーツ > 文化 > 上田城跡能 > 第十九回上田城跡能
URLを送る
印刷

更新日:2016年6月16日

第十九回上田城跡能

「第十九回上田城跡能」

※「第十九回上田城跡能」は終了いたしました。

 大勢の皆様に御来場いただき誠にありがとうございました

 

第19回上田城跡能チラシ

 上田薪能を観る会では、毎年、能楽の公演を企画・開催しています。

 19回目となる今回は、能「屋島」「紅葉狩」、狂言「清水」を上演します。
 シテ方には観世喜正氏、永島充氏、狂言方には善竹十郎氏を迎えます。
 一流の能楽師による幽玄の世界を、心ゆくまでご堪能ください。

 なお、関連企画として、本公演前に能楽を初歩から学べる「能楽講座」を、上田市立博物館では期間中に「能面展示」を行います。
 本公演をよりお楽しみいただけますので、ぜひご参加ください。

過去の上田城跡能

第十七回上田城跡能

第十八回上田城跡能

能楽公演

日時

平成27年9月12日(土曜日)
午後1時30分 開演 (午後0時45分開場)

会場

サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター) 大ホール 地図

演目

能「屋島」(やしま)
 都の僧(ワキ)が、讃岐(さぬき)国屋島の浦(現・香川県高松市)で立ち寄った小屋の主の漁翁(前シテ)と若い漁夫(ツレ)は、僧に求められるまま屋島の戦いを語る。漁翁が九郎判官義経(くろうほうがんよしつね)の名将ぶり、悪七兵衛景清(あくしちびょうえかげきよ)の錣(しころ)引き、能登守教経(のとのかみのりつね)に討ち取られた義経の家臣佐藤継信(さとうつぐのぶ)の最期、と次々と語って聞かせる為、僧が怪しむと、漁翁は義経の霊だとほのめかして姿を消す。
<中入> 
僧がまどろんでいると、源義経の霊(後シテ)が甲冑姿で現れる。そして屋島の戦いの際、波に流された自身の弓を敵に取らせまいと、勇敢にも取りに行った様を現す。さらに義経は、修羅道において未だに能登守教経と争っている様を示した後、夜明けとともに消え失せる。
世阿弥元清が、義経一代の中で最も華やかな戦であったとされる屋島の戦いを、平家物語をもとに作り上げた名作。


観世喜正2012

シテ:観世喜正

狂言「清水」(しみず)
主人より、水汲みを命じられた太郎冠者は面倒なので、野中の清水で鬼に襲われたと言って帰ってくる。主人は太郎冠者が置いてきた水桶を惜しがり、自ら清水へ行くと言い出す。そこで太郎冠者は鬼に扮して・・・。

善竹十郎
シテ:善竹十郎

能「紅葉狩」(もみじがり)
とある山の中(実は信濃国戸隠)、上臈(高貴な女性達(前シテ・前ツレ))が木陰に屏風を立て、紅葉狩の酒宴を開いていた。そこに、従者(ワキツレ)を引き連れて鹿狩にきた平維茂(ワキ)が通りかかった。維茂は興をそがないよう馬から降り、静かに立ち去ろうとする。すると女は維茂を引き留め、酒を勧める。維茂は美人の酌に時間も忘れて盃を重ね、やがて舞を見ている内に寝入ってしまう。女達は維茂が酔い伏したのを見届け、山中に姿を隠す。
<中入>
八幡大菩薩のお告げを受けて維茂が目を覚ますと、酒宴は跡形もなく、本性を現した鬼神(後シテ・後ツレ)が襲い掛かってくる。しかし維茂は全く動揺せず、八幡大菩薩を心に念じながら立ち向かい、遂には鬼神を討伐する。
「鬼揃」の小書(特殊演出)により、後ツレも鬼となって現れる。

永島充
シテ:永島充

その他出演者については、上田城跡能番組表(PDF:10KB)をご覧ください。

鑑賞券

【全席指定】

座席の確認については、上田城跡能座席表をご覧ください。

その他

駐車場には限りがありますので、公共交通機関でのご来場にご協力ください。

関連企画

能楽講座

 本公演に先立ち、日本の伝統文化である能楽を能楽師がわかりやすく解説します。
 能楽に興味のある方はもちろん、「能楽は敷居が高い」と感じている方も、気軽に能楽を学ぶことができますので、この機会にぜひお出かけください。
 なお今回は、能楽講座の中で、本公演で上演する演目の解説をします。

日時

同日(平成27年9月12日) 
午前11時30分から午後0時15分まで(午前11時10分開場)

会場

サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター) 大ホール 地図

講師

観世喜正

入場料

無料

能面展示

 上田立博物館にて、上田市指定文化財「濱村家能面コレクション」のうち、今回の能演目で使用する能面と同種のものを中心に展示します。

期間

平成27年8月18日(火曜日)~9月23日(水曜日)
午前8時30分から午後5時 (注)入館は午後4時30分まで

会場

上田市立博物館(外部サイトへリンク)(上田城跡公園内:地図

入館料

一般250円、高校生180円、小中学生60円
(注)上田城跡能の鑑賞券をお持ちの方は入館無料となります。

主催

 上田薪能を観る会(上田観世会・上田宝生会・上田市文化芸術協会・上田市・上田市教育委員会)

後援

 長野県能楽連盟、信濃毎日新聞社、信州民報、東信ジャ-ナル社、週刊上田新聞社、上田ケ-ブルビジョン、丸子テレビ放送

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

上田市役所政策企画部交流文化スポーツ課

〒386-8601 長野県上田市大手一丁目11番16号

電話番号:0268-75-2005

ファックス番号:0268-22-4131

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る