上田市消防団武石東部分団
特徴

 分団統合を経て、発足8年目の武石東部分団。丸子地域と長和町に接し、武石地域の玄関口から中心部に加え、南東部の山間部にかけての広範囲の地区を担当しています。
 管轄地区内には、春のシーズンに観光客で賑わう「花桃の里」や、「岳の湯温泉・雲渓荘」といった温泉地、駅伝でも知られる「ともしび博物館」や、御柱祭の舞台となる「子檀嶺神社」など、のどかな田園風景を彩る多くの見所が点在しています。
 地域の皆様の安心安全を確保するため、災害時は勿論、日々予防活動を行っております。

団員構成

分団長1名 

副分団長1名 

部長5名 

班長13名 

団員62名 

計82名

装備 普通積載車3台、軽積載車1台、照明車1台
担当自治会

 

沖 ・ 鳥屋 ・ 七ヶ ・中島 ・薮合 ・ 小沢根 ・余里

 

広域避難所
武石小学校
又、一時避難場所として各自治会公民館が指定されています。
活動内容 予防広報活動(毎月1日・15日)
春秋の火災予防週間、お盆、年末等の特別巡回・広報活動

 初 

こども祭

放水体験

ポンプ操法・ラッパ吹奏大会(上田大会成績)

 

Aチーム 18位
高田・桜井(隼)・橋詰・斎藤
Bチーム 26位
内山(聡)・黒木・樋沢(拓)・白鳥

(団体)


下村(泰)・下村(聡)・伏見・柿嶌・中原(一) 23位

(個人)


松崎8位 ・伏見(和)46位

(個人)


松崎優勝
詰所住所 上田市下武石1255−3

 


作成者:武石東部分団 広報部