探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 暮らし・防災 > 税金 > 個人市県民税(住民税) > 個人市県民税(住民税)の問い合わせの多い事柄 > 去年退職し、現在無職なのに税金の通知がきたのはなぜですか?
URLを送る
印刷

更新日:2015年3月23日

去年退職し、現在無職なのに税金の通知がきたのはなぜですか?

個人市県民税は前年(去年)の所得に対する課税です

 市県民税は現年(今年)の所得に対する課税ではありません。

 市県民税は、前の年の1月から12月の間の所得に対して課税されています。
 その税額について、給与所得者の場合は6月から翌年5月までの12回に分けて、お勤め先の給与から天引きで納めていただいています。

 平成24年に退職した場合、平成24年中給与から天引きされ、完納した個人市県民税は、平成23年の所得に対するものです。

 そのため、退職された翌6月に送られてくる納税通知書は、平成24年中(平成24年1月1日から平成24年12月31日まで)の所得に対し、平成25年度に課税した個人市県民税ということになります。

お問い合わせ

上田市役所財政部税務課

〒386-8601 長野県上田市大手一丁目11番16号

電話番号:市民税係 0268-23-5115

ファックス番号:0268-22-4136

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る