探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 暮らし・防災 > 税金 > 個人市県民税(住民税) > 個人市県民税(住民税)の問い合わせの多い事柄 > 医療費控除を受けるには?
URLを送る
印刷

更新日:2015年3月23日

医療費控除を受けるには?

医療費控除とは

お医者さん 本人や本人と生計を一にする親族のために支払った医療費の合計金額が1年間で一定の基準を超えた場合には、医療費控除を受けることができます。

 ただし、社会保険などから医療給付金や生命保険契約などに基づく入院保険金などの金額を差し引いた金額が対象となります。

控除額の計算方法

その年中に支払った医療費 ― 保険などから補てんされる金額 = A
     
A -  10万円または総所得金額等の5パーセント
(どちらか少ない方の金額)
= 医療費控除額

手続きの方法

注射器



医療費控除を受ける場合は、所得税の確定申告あるいは市県民税の申告を行ってください。

  • 所得税の確定申告、市県民税の申告のどちらが必要になるかは人によって異なりますので、税務署(所得税の確定申告)または、市役所税務課(市・県民税の申告)にお問い合わせください。
  • 申告書を提出する際に、支払った医療費の領収書(コピー不可)の添付が必要です。
  • 医療費控除の申告をしても、申告の内容によっては所得税や市県民税が減額されない場合もあります。
    また、所得税は下がらず、市県民税のみ減額される場合もありますので、その場合は忘れずに市県民税の申告をしてください。
  • 医療費控除の申告は、所得税や市県民税の税額を下げるものであり、医療費が還付されるわけではありません。

対象となる医療費の例

  • 治療や療養に必要な医薬品の購入費
  • 医師または歯科医師に支払った治療費・診療費
  • 治療のためにマッサージ師、はり師、きゅう師、柔道整復師などに支払った施術料
  • 助産婦に支払った分べん介助料
  • 治療のために直接必要な通院費用、入院の際の部屋代や食事代

対象とならない医療費の例

  • 健康増進や病気の予防のための医薬品の購入費
  • 容姿の美化や容貌を変えるなどを目的とする整形手術の費用
  • 人間ドックなどの健康診断のための費用
  • 医師や看護士に対する謝礼
  • 自己の都合で希望する特別室の差額ベッド料金
  • 近視・遠視・乱視用のめがね・コンタクトレンズの購入費
  • 予防接種費用

くすり上記の費用以外のもので、医療費控除の対象になるかどうかをお知りになりたいときは、市役所税務課までお問い合わせください。
(税務署にお問い合わせをお願いする場合もあります。)

お問い合わせ

上田市役所財政部税務課

〒386-8601 長野県上田市大手一丁目11番16号

電話番号:市民税係 0268-23-5115

ファックス番号:0268-22-4136

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る