探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 暮らし・防災 > 税金 > 固定資産税(土地・家屋・償却資産) > 固定資産税・都市計画税の問い合わせの多い事柄 > すでに土地を売却したのに、固定資産税の請求がきたのはなぜですか?
URLを送る
印刷

更新日:2015年3月23日

すでに土地を売却したのに、固定資産税の請求がきたのはなぜですか?

固定資産税は1月1日現在の所有者に課税されます

 固定資産税は、賦課期日(1月1日)現在、登記簿に所有者として登記されている方に対して課税することになっています。

 したがって、既に売却した後でも、賦課期日(1月1日)現在所有者であった場合には、納税の義務が生じます。

 なお、売買契約を結んだ日付での判断ではなく、あくまで賦課期日(1月1日)現在、登記簿に所有者として登記されているかどうかの判断になりますのでご注意ください。

お問い合わせ

上田市役所財政部税務課

〒386-8601 長野県上田市大手一丁目11番16号

電話番号:土地係・家屋係 0268-23-8240

ファックス番号:0268-22-4136

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る