探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 暮らし・防災 > 税金 > 固定資産税(土地・家屋・償却資産) > 固定資産税・都市計画税の問い合わせの多い事柄 > 土地の価格が下落しているのに、固定資産税が下がらないのはなぜですか?
URLを送る
印刷

更新日:2015年3月23日

土地の価格が下落しているのに、固定資産税が下がらないのはなぜですか?

平成6年度から基準が変わっています

土地の評価については、平成6年度から国において示される地価公示価格を基準として、その7割を目途に固定資産評価額とすることになりました。

これに伴い、平成6年度から評価額と課税標準額(税額を算出する基礎となる価格。課税標準額×税率=税額となる)が大きく上昇することとなりました。

このことによる税負担の急増を避けるために、課税標準額をなだらかに上昇させるよう調整がされているため、地価の動向が税負担と一致しない場合が生じていますのでご理解ください。

お問い合わせ

上田市役所財政部税務課

〒386-8601 長野県上田市大手一丁目11番16号

電話番号:土地係・家屋係 0268-23-8240

ファックス番号:0268-22-4136

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る