探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 暮らし・防災 > 税金 > 固定資産税(土地・家屋・償却資産) > 固定資産税・都市計画税の問い合わせの多い事柄 > 土地の評価替えはどのようにするのですか?
URLを送る
印刷

更新日:2016年10月12日

土地の評価替えはどのようにするのですか?

 固定資産税は、固定資産の価格すなわち「適正な時価」を課税標準として課税されるものです。本来であれば、毎年度、価格の見直しを行い課税することが税負担の公平に資することになりますが、現行の制度においては、3年間、価格を据え置くこととなっています。言い換えれば、3年ごとに価格の見直しを行い、これを評価替えといいます。
 評価替えは、この間における資産価格の変動に対応し、価格を適正な均衡のとれた価格に見直す作業です。平成27年度は評価替えの年にあたり、次の評価替えは平成30年度となります。
 なお、平成28年度、平成29年度において、地価の下落があり、価格を据え置くことが適当でないときは、簡易な方法により、価格を修正することとなっています。

お問い合わせ

上田市役所財政部税務課

〒386-8601 長野県上田市大手一丁目11番16号

電話番号:土地係・家屋係 0268-23-8240

ファックス番号:0268-22-4136

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る