探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 福祉医療費給付金
URLを送る
印刷

更新日:2017年3月30日

福祉医療費給付金

 福祉医療費給付金は、児童、障害者、ひとり親家庭などの方が、病気やけがなどで受診されたり、処方箋による投薬を受けられた場合に支払った医療費の自己負担分について、医療費を補助する制度です。

 受給資格を得られるためには、受給資格申請と資格審査・認定が必要となります。

対象となる方

  医療保険加入者で次の表と条件に当てはまる場合に該当します。

区分

要件

所得制限

児童

出生から中学校3年生まで。

所得は問いません。通院・入院が支給対象となります。

障害者

1 身体障害者手帳1級から3級を所有している方
2 療育手帳A1からB2を所有している方
3 精神障害者保健福祉手帳1級から2級を所有している方

4 65歳以上で一定程度の障害のある方(国民年金法施行令 別表該当)

5 特別児童扶養手当1級を受給している方

1 右の要件のうち、身体障害者手帳、療育手帳、65歳 以上、特別児童扶養手当の要件の方は、特別障害者手当を受給できる範囲内の方。通院・入院が支給対象となります。

2 精神障害者保健福祉手帳の要件の方

 (1) 1級、2級で所得税非課税世帯の方は、通院・入院が支給対象となります。

 (2) 1級で特別障害者手当を受給できる範囲内の方は、通院が支給対象となります。

 (3) 2級で、受給者ご本人が所得税非課税、扶養義務者の所得が特別障害者手当を受給できる範囲内の方は、自立支援医療(精神通院)が支給対象となります。

(※)18歳未満の障害児の方は所得は問いません。通院・入院が支給対象となります。

母子・父子家庭

1 18歳未満※の児童を扶養している一人親世帯
2 18歳未満※の児童だけの世帯

(※)18歳以上の児童は高校等在学中に限り20歳を限度に卒業月まで資格延長可

児童扶養手当(一部支給)を受給できる範囲内。通院・入院が支給対象となります。

高齢者

67歳以上70歳未満の低所得の方

市民税非課税世帯

受給資格申請手続き

  上田市役所福祉課、または各地域自治センター担当課で手続きをしてください。

持ち物

  • 印かん
  • 保険証
  • 預金通帳等
  • 身体障害者・知的障害者・精神障害者の方は「障害者手帳」
  • ご本人もしくは扶養義務者で、市外から転入された方がいる場合は、その方の前住所地の市町村で発行した最新の「所得課税証明書(所得額、控除額、市町村民税の課税額がわかるもの)」

受給者証について

  1. 受給者証は、申請手続日から2週間を目安に郵送されます。
  2. 県内で受診される時は医療保険証といっしょに医療機関等(病院、薬局)の窓口に必ず提示してください。その後、医療機関等から上田市へ診療棟のデータが提出されます。それをもとに福祉医療費の支給を行います。
  3. 受給資格は毎年所得判定を行い、資格更新をします(児童を除く)。更新のための手続きは特にありませんが、所得申告がされていないと判定ができませんので、前年中の所得の申告は期限内に済ませてください。
  4. 医療保険により付加給付の制度などで福祉医療費の支給額が変わる場合があります。保険証が変わりましたら、変更届のご提出をお願いします。

 

  1. 県内で受診、投薬を受ける時、医療機関等の窓口で受給者証を提示されますと、医療機関等から上田市へ診療等のデータが提出されます。それをもとに福祉医療費の支給を行います。

支給内容と受益者負担金について

  1. 医療保険対象の治療にかかる医療費の自己負担分が、受診月から3か月を目安に支給されます。
  2. 1レセプト(※)につき500円までは受給者にご負担いただきます。このため、医療費の自己負担額から500円を差し引いた額が支給されます。また、1レセプトの自己負担額が500円未満の場合、支給はありません。(※レセプトとは、1医療機関が、患者ごとに、1か月単位で作成する診療・調剤データです。薬局は、処方箋を出した病院ごとにレセプトを作成します。また、通院と入院は別のレセプトになります。)。
  3. 高額療養費、附加給付金、交通事故等の第三者行為にかかる医療費、学校保健安全法による医療費、スポーツ災害共済など、他の医療制度から給付されるものを除いた残りが支給されます。このため、他の医療制度からの給付があるか問い合わせさせていただくことがあります。
  4. 入院時の食事療養費や生活療養費は支給対象外です。
  5. 医療保険対象となる、医師が認めた柔道整復、鍼灸等の施術や、補装具、小児弱視等の治療用メガネ(9歳未満)の作成は支給対象となります。

  参考:福祉医療費の支給額

  福祉医療支給額=窓口支払額(保険対象額)-(高額療養費+附加給付金+第三者行為による給付額+その他公費負担等の額+受給者負担金)

支給申請について

  1. 県外の医療機関を受診、投薬を受けられた場合は、受給者ご本人による福祉医療費の支給申請をしてください。
  2. 県内の医療機関等を受診、投薬を受けられたが、医療機関等から上田市へ診療等のデータが提出できない場合も、受給者ご本人による福祉医療費の支給申請をしてください。
  3. 支給申請の際、医療機関等の領収書(原本)のご提出をお願いします。

制度のしおり

  1. 福祉医療費給付金制度のしおり(PDF:392KB)
  2. 別表:所得要件(PDF:69KB)

関係する手続き、制度

窓口

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る