探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 暮らし・防災 > ごみ・リサイクル > ごみ減量アドバイザー
URLを送る
印刷

更新日:2018年9月27日

ごみ減量アドバイザー

ごみ減量アドバイザー制度

ごみ減量アドバイザー制度は、平成9年に旧上田市で発足しました。地区自治会連合会ごとにごみ減量アドバイザーを委嘱し、ごみの減量・再資源化の推進活動を行っています。

委嘱されたアドバイザーは、研修や定例会議をとおして、ごみの減量に関する豊富な知識を身につけ、市民の皆さんと一緒に身近なところからごみの減量に取り組み、地域におけるごみ減量の専門家として、循環型社会の形成に貢献しています。

平成20年4月からは、上田市のごみの出し方が統一されたのに伴い、丸子・真田・武石地域においても新たにアドバイザーを委嘱して組織の拡充を図り、上田市全地域で計33名のアドバイザーが、更なるごみの減量・再資源化の推進に取り組んでいます。

 

ごみ減量アドバイザーの活動

ごみ減量アドバイザーは、地域におけるごみ減量の専門家として活動しています。具体的には次のような活動を行っています。

(1)担当地域におけるごみに関する勉強会の開催(ごみ減量化機器・ごみ減量化基材「ぱっくん」の使用状況の確認及びアドバイス、その他ごみ減量・資源回収に関する意見交換等)

(2)ウィークエンドリサイクル及び自治会資源物回収での立会い指導

(3)エコストア申請店の調査

(4)エコ・ハウスの運営の協力 など

 

その他にも担当班ごとに、次のような事業を行っています。

 

担当班

事業名

広報担当班

(1)「みて!みて!きいて!ミニ情報」への情報提供(エコ・サポート21が毎月発行している情報誌)

(2)「うえだ環境フェア(消費生活展)」への参加

リサイクル担当班

「聞いて・○得・エコ講座(リサイクルリーダー養成講座)」

ごみ減量担当班

「こどもごみ探険隊」

 

ごみ減量アドバイザーとともにごみ減量に取り組みましょう

市民の皆さんと一緒に、身近なところからごみの減量を進めていくことがごみ減量アドバイザーの大切な役割です。自治会や地域でごみの分別方法や減量の仕方などの勉強会を開催する際には、お気軽に声をかけてください。連絡先は下記、または各地域自治会長に問い合わせください。

 

活動例

ごみの減量や分別・ぱっくんに関する勉強会の開催、自治会資源物回収での立会い指導等

 

第12期ごみ減量アドバイザー名簿

任期:平成30年4月1日から平成32年3月31日まで

 

担当地区

氏名

自治会

リーダー

関川 久子

末広町

東部

坂井 良次

踏入

南部

駒崎 隆

本町

中央

小林 千津子

丸堀町

北部

石森 順

柳町

西部

藤作 敏一

緑が丘北

城下

小林 鉄夫

中之条

塩尻

宮﨑 研子

秋和

川辺・泉田

興津 真司

築地

川辺・泉田

宮島 孝司

上田原

神川

久保田 和博

みすず台南

神科

清水 眞

畑山

神科

城倉 ゆみ子

岩門

豊殿

小林 憲子

漆戸

東塩田

林 園子

平井寺

東塩田

大森 典子

下組

中塩田

堀内 稔

下小島

西塩田

宮澤 里美

西前山

別所温泉

角野 達章

大湯

川西

竹内 厚子

上室賀

川西

今 佐津雄

浦野南団地

内村

齋藤 真由美

西内

丸子中央

清水 みどり

下丸子

丸子中央

竹内 剛

中丸子

依田

山浦 明江

尾野山

長瀬

中村 一紀

長瀬中央

塩川

滝沢 昭男

狐塚

髙寺 奈美子

石舟

木村 怜子

菅平

傍陽

関 吉子

入軽井沢

本原

倉嶌 文夫

上原

武石

清水 伸也

薮合

武石

荻原 和雄

権現

 

お問い合わせ

上田市役所生活環境部廃棄物対策課

〒386-0025 長野県上田市天神三丁目11番31号

電話番号:0268-22-0666

ファックス番号:0268-26-0815

上田市役所生活環境部ごみ減量企画室

〒386-0025 長野県上田市天神三丁目11番31号

電話番号:0268-22-0666

ファックス番号:0268-26-0815

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る