探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 市政情報 > 名誉市民・市政功労・表彰 > 上田市名誉市民 > 上田市名誉市民 故 羽田孜氏の上田市公葬を行います
URLを送る
印刷

更新日:2017年12月22日

上田市名誉市民 故 羽田孜氏の上田市公葬を行います

 今年8月28日に82歳で御逝去された上田市名誉市民である故羽田孜氏の生前の御功績をたたえ、哀悼の意を表するため、上田市名誉市民条例に基づき市公葬を執り行います。

 多くの市民の皆様の御参列をお願いいたします。

市公葬の概要

  • 期   日 平成29年12月25日(月曜日)
  • 場   所 上田市交流文化芸術センター(サントミューゼ)大ホール
  • 内容・時間 (1)葬儀式   10時00分から11時15分まで   

             ※市内各種団体の長の皆様に御案内状をお送りしています。

          (2)お別れの会 11時30分から12時30分頃まで

             市民の皆様による献花となります。

            「お別れの会」はどなたでも参列いただけますので、直接会場にお越しください。

             なお、葬儀式には参列いただけませんので、御了承ください。

  • 形   式 特定の宗教によらない献花方式
  • そ の 他 (1)誠に勝手ながら、御香典、御供花、御供物等の儀は、謹んで御辞退申し上げます。
  •       (2)平服でお越しください。

羽田孜氏の功績  

 羽田氏は、昭和44年の衆議院議員総選挙において初当選を果たして以来、連続14期43年の長きにわたり国政に身を捧げられました。
 平成6年には、長野県選出議員初の第80代内閣総理大臣に就任され、国民生活を第一に考えた政策を実行するとともに、民主政治の更なる発展を目指して政治改革に全身全霊で取り組まれました。
 また、農林水産大臣や大蔵大臣など主要閣僚等も歴任され、地元上田地域はもとより、国の発展と国民の福祉向上のために尽力されました。
 こうした功労に対し、平成25年には、国から桐花大綬章が授与されています。

 市では、羽田氏の極めて顕著な功績を顕彰するため、平成25年に、新上田市発足後2人目となる上田市名誉市民の称号を贈呈させていただきました。

羽田孜氏の略歴

  • 略 歴

 昭和10年 東京府東京市(現在の大田区)に生まれる

 昭和23年 上田中央小学校(現在の清明小学校)卒業

 昭和26年 上田市立第二中学校卒業

 昭和33年 成城大学経済学部卒業

 昭和44年 衆議院議員初当選(平成24年まで14期43年)

 昭和60年 農林水産大臣

 昭和63年 農林水産大臣

 平成 3年 大蔵大臣

 平成 5年 副総理兼外務大臣

 平成 6年 第80代内閣総理大臣

 

  • 表彰歴

 平成25年 桐花大綬章

 平成25年 上田市名誉市民

お問い合わせ

上田市役所秘書課 

〒386-8601 長野県上田市大手一丁目11番16号

電話番号:0268-22-3435

ファックス番号:0268-23-5111

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る