ここから本文です。

このサイトは別所線電車存続期成同盟会による上田電鉄別所線存続支援サイトです。 ※このサイトは別所線電車存続期成同盟会による上田電鉄別所線存続支援サイトです。

更新日:2015年5月10日

URLを送る
印刷

丸窓電車の今

上田電鉄別所線のシンボルである丸窓電車モハ5250形は、昭和2年に日本車輌(名古屋)で3両製造され、昭和3年5月22日から昭和61年9月30日まで使用されました。戸袋窓がおしゃれな楕円形だったため「丸窓電車」の愛称で親しまれ、昭和59年には、エバーグリーン賞を受賞しました。
現在、モハ5251は平成23年4月16日にさくら国際高等学校へ無償譲渡され、モハ5252は平成23年10月1日から別所温泉駅においてリニューアル保存され、モハ5253は平成16年9月20日に長野計器株式会社電子機器工場へ移設され丸窓電車資料館となっています。
上田市行政チャンネル市政企画番組「生まれ変わる丸窓電車~受け継がれる文化財~」

丸窓電車モハ5251

丸窓電車モハ5251

丸窓電車モハ5252

丸窓電車モハ5252

丸窓電車モハ5253

丸窓電車モハ5253

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページのトップに戻る