ここから本文です。

このサイトは別所線電車存続期成同盟会による上田電鉄別所線存続支援サイトです。 ※このサイトは別所線電車存続期成同盟会による上田電鉄別所線存続支援サイトです。

更新日:2015年5月10日

URLを送る
印刷

塩田と別所温泉の歴史

別所温泉(べっしょおんせん)は、戦国の名将真田幸村の隠し湯があったと言われている1500年以上続く名湯です。

日本武尊が東征の際に、保福寺峠で出会った老人に「この山中に七つの湯が湧き出て、人々の七つの苦を助ける」と教えられ、山中を探してみると、七つの湯が見つかりました。そこで、東征の兵士たちが、この湯につかり疲れを癒すことができたことから、この湯を「七苦離(ななくり)の湯」と名付けられ、その後、この湯が永く栄えるようにと「七久里(ななくり)の湯」となったと言われています。

大和時代には、塩田(しおだ)の地に朝廷の命で九州の阿蘇氏が国造(くにのみやつこ=知事)として派遣され、この地が科野国(しなののくに=信濃国の古名)の政治・文化の中心地になったと考えられます。それは、この地に数多くの安曽(アソ)と称する地名が残っていることや、一族の小子部氏の名が小県(小子部の県(=皇室の直轄領))として残っていること、また、生島足島神社(万物を生成する生島神と万物を満ち足らしめる足島神=天皇が皇居で拝礼されている23柱のうちの2柱)(=国造が宮中から奉斎したと考えられる)が現存していることなどから推定できます。

平安時代の終わりには、平家討伐のため、源義仲(=木曽義仲)が木曽で兵を挙げ、依田城を拠点にして、上洛の機会をうかがっていました。そして、千曲川沿いに下り、北陸道を通って京都に向かいました。このころ、しばしば訪れていたのが七久里の湯です。

国宝安楽寺八角三重塔

国宝安楽寺八角三重塔

鎌倉時代に入ると、幕府の連署(副総理格)だった北条義政が突如隠居し、塩田の地に居を構えたため、この地は60年あまりに渡り、栄華を極めました。

比叡山延暦寺座主・円仁慈覚大師が七久里に開いた崇福山安楽寺、金剛山常楽寺、北向山長楽寺(現廃絶)の三楽寺を中心に学問が盛んに行われ、およそ学問を志す者は競って全国からここを訪れたそうです。

政治・文化の中心地であったということは、国宝安楽寺八角三重塔をはじめ、中禅寺薬師堂・薬師如来座像、常楽寺石造多宝塔、長福寺夢殿観音、前山寺三重塔、舞田五輪塔、西光寺阿弥陀堂など、この地に密集している多くの文化財からも、うかがい知ることができます。

そして、この北条氏が七久里を別院(べついん=本寺とは別に設けられた堂舎)として使っていたことから、別所と言われるようになりました。なお、北条氏の菩提寺は、東前山にある龍光院で、居城が塩田城(規模の大きさでは県下一)です。

鎌倉幕府滅亡後、この塩田の地は、武田信玄に攻められるまでの200年間、葛尾城(現坂城町)を本拠とする豪族村上氏の勢力下におかれ、村上氏の重臣福沢氏が管理しました。

安土桃山時代、武田氏滅亡後は、真田氏が、この地の領主となりました。真田昌幸は、1583年に天下の名城上田城(徳川軍の2度の侵攻を2度とも破る)を築城し、城を中心とした町造りを行ったため、政治・文化の中心は、この塩田の地から、上田城へと移行し、塩田の地は、農村地帯へと変わりました。その後、塩田の地は、「塩田三万石」と称され、豊かな田園地帯となりました。

そして、400年後の今、この豊かな田園地帯を別所線が走っています。

田園を走る別所線

 

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページのトップに戻る