ここから本文です。

このサイトは別所線電車存続期成同盟会による上田電鉄別所線存続支援サイトです。 ※このサイトは別所線電車存続期成同盟会による上田電鉄別所線存続支援サイトです。

更新日:2015年5月10日

URLを送る
印刷

「千と千尋」と塩田平

「千と千尋」と塩田平

平成16年2月13日 東信ジャーナル

別所温泉、生島足島神社が舞台? 宮崎監督「民話を超える話があるんだよ」

皆さん、映画「千と千尋の神隠し」を思い出してください。
私はこの映画の舞台は上田の別所温泉ではないだろうか?と思っています。
まず、2001年に映画のロードショーを観た時でした。海の際を走る電車は別所線そのものでした。そして千尋が運命的に出会った「ハク」の出生は川でした。塩田地域に伝わる民話「龍の子太郎」も産川から生まれたと言われています。この時に「もしや?」と思い始めました。
そして2003年、作曲家の桜井浩ニ氏=上田市在住=から映画の中で電車に乗るシーンで流れる曲が「シックス ステーション」であることを知りました。映画では釜爺が「6番目の駅で降りるんだよ」と言って切符を手渡しておりました。つまり別所線でいうと別所温泉駅から6番目の駅は「下之郷」。映画では「沼の底」でした。下之郷駅の近くには「生島足島神社」があります。生島は万物を育成させる神様、足島は万物に満足を与える神様といわれています。映画では「湯婆婆(ゆば〜ば)」「銭婆(ぜに〜ば)」です。ぴったりと符号するではありませんか。
アニメーターで「千と千尋」を手伝っていた伊藤秀樹氏=上田市在住=は「宮崎監督は上田に詳しく『生島足島神社には民話を超える話があるんだよ』と言っていた」と話しています。
これからして私は「千と千尋の神隠し」は塩田平が舞台に違いないと確信したのです。
別所線の存続の行方が注目されるなかこんなロマンは、まさに「天の助け」。千尋ファンよどうぞ別所線で別所温泉に来たれ!山崎憲一(上田市)

※ 東信ジャーナル社様(外部サイトへリンク) 全文掲載承諾済

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページのトップに戻る