探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 健康・福祉・子育て > 健康 > 成人保健 > 個人や地域の健康づくり > たばこの害と禁煙
URLを送る
印刷

更新日:2017年8月30日

たばこの害と禁煙

平成29年度「世界禁煙デー」及び「禁煙週間」のお知らせ

毎年531日は世界禁煙デーです。世界保健機関(WHO)の決議により設けられました。

531日~66日は禁煙週間です。厚生労働省により設けられました。


 今年度のテーマは「2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~」です。

(参考) WHO世界禁煙デーのテーマ:「Tobacco-a threat to development」

 

 

 今年度は、受動喫煙による健康への悪影響から人々を守ることを目的として、禁煙および受動喫煙防止の普及啓発を積極的に行うものです。

 

 

 喫煙が健康に与える影響は大きいうえ、受動喫煙の危険性やニコチンの依存性を踏まえると、喫煙習慣は個人の嗜好にとどまらない健康問題であり、生活習慣病を予防するうえで、たばこ対策は重要な課題となっています。
 長野県においても、信州保健医療総合計画における目指すべき姿のひとつとして「たばこによる健康被害を受ける人が減少すること」を掲げ、未成年者等の喫煙防止(防煙)、受動喫煙をなくすための環境づくり(分煙)、禁煙支援(禁煙)などの対策を推進しています。

 

 

上田市の喫煙の状況と目標値    ※第三次上田市民総合健康づくり計画アンケートより


上田市の喫煙の状況をみると、平成28年に実施した「第三次上田市市民総合健康づくり計画アンケート調査」で、「たばこを吸う」と回答した人は12.9%で、「吸わない」と回答した人は67.8%と吸わない人が圧倒的に多く、平成14年に調査した喫煙率(26.3%)に比べて喫煙率が低下したことがわかりました。

       計画アンケート(喫煙者割合)

 喫煙率の低下は、喫煙による健康被害を確実に減少させることができることから、たばこをやめたい人に対する禁煙支援が重要です。

 上田市では、喫煙率10.0%を目標として、たばこと健康について正しい知識を普及することにより、禁煙および受動喫煙防止の普及啓発を行っています。

喫煙の害を知り、禁煙に努めましょう

 

 

たばこに含まれる有害物質

たばこには、ニコチン・タール・一酸化炭素など多くの有害物質が含まれています。

ニコチン

タール

一酸化炭素

血管を収縮させ、血圧を上げたり、心拍数を増やして心臓に負担をかけます。依存性が強く、たばこをやめられない原因です。

発がん性物質が多く含まれ、身体各部位でがんの発生を促し、進行を加速させます。肺を黒くする張本人です。

ヘモグロビンと結合して酸素の運搬を妨害するため、喫煙者の心臓に大きな負担をかける原因となります。

 

 

たばこの煙にさらされる 受動喫煙の害

 たばこの先から出る煙(副流煙)にも有害物質が含まれています。たばこを吸わない人が副流煙を吸わされていることを「受動喫煙」といいます。家族や周りの人の健康も害しているのです。

 下の図は、副流煙に含まれる有害物質の量を、主流煙を1として比較したものです。

 副流煙中の有害物質の量は、喫煙者本人が吸い込む主流煙よりも多いのです。

 <参考>The Health Consequence of SMOKING 1975

 

 

副流煙中の有害物質の量は?

副流煙中の有害物質の量

 

 

禁煙したい方に

禁煙したいけれどなかなか続かないという方の原因の多くは、ニコチン中毒です。タバコに含まれるニコチンは依存性の強い薬物で、ニコチン中毒は薬物やアルコールの中毒同様、病気の一つなのです。禁煙を継続するために、禁煙外来のある病院や保健所の相談窓口を利用するのも1つの方法です。
ご自分と、ご家族など周囲の方のためにも禁煙に取り組んでみましょう!

上田保健福祉事務所では予約制で「卒煙相談」を実施しています。相談を希望する方は、予め電話等で予約をお願いします。
  連絡先:上田保健福祉事務所 健康づくり支援課  電話:0268-25-7154judourogo1

 

 

関連リンク

 

 

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る