探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 市政情報 > 総合政策 > 上田地域定住自立圏 > 定住自立圏構想の概要
URLを送る
印刷

更新日:2015年3月10日

定住自立圏構想の概要

定住自立圏構想の概要

 定住自立圏構想とは、今後、我が国の人口が急速に減少することが予想される中、中心市(注1)とその構成市町村(注2)が人口定住のために「集約とネットワーク」の考え方に立ち、中心市において生活に必要な都市機能を整備するとともに、構成市町村において必要な生活機能を確保し、中心市と構成市町村が互いに連携・協力することにより、圏域全体の活性化を図っていく、国の政策です。

(注1) 中心市:人口5万人以上(少なくとも4万人超)、昼夜間人口比率(昼間人口を夜間人口で除して得た数値)が1以上の市
(注2) 構成市町村:中心市と近接し、経済、社会、文化または住民生活などにおいて密接な関係を有する市町村(中心市に対する通勤・通学者の割合が0.1以上の市町村等)

関連情報

 

定住自立圏の形成手順

 定住自立圏を形成し、各種取り組みを進めるためには、次の3つの手続きを経る必要があります。

1.中心市宣言

 中心市宣言は、周辺にある市町村と地域全体における人口定住のために連携しようとする中心市が、圏域として必要な生活機能の確保に関して中心的な役割を担う意思を有すること等を明らかにし、公表するものです。上田市は、平成23年2月3日に中心市宣言を行いました。

2.定住自立圏形成協定の締結

 中心市宣言を行った中心市と、その周辺にある市町村が、人口定住のために必要な生活機能の確保に向けて、議会の議決を得て1対1で締結する協定です。
 協定の締結に当たっては、「生活機能の強化」「結びつきやネットワークの強化」「圏域のマネジメント能力の強化」の3つの視点から、それぞれ1以上の取り組みを行なう必要があります。
 上田市は、平成23年7月23日に5市町村(東御市、青木村、長和町、坂城町、立科町)との間で定住自立圏形成協定を締結しました。
 また、平成24年10月9日に群馬県吾妻郡嬬恋村と、越県して協定を締結し、圏域が拡大しました。

3.定住自立圏共生ビジョンの策定

 協定書に記載されている取組項目に基づき、民間や地域の関係者を構成員とした「圏域共生ビジョン懇談会」で検討を行い、中心市が共生ビジョンを策定します。
 共生ビジョンには、圏域の名称、具体的な取組事項、スケジュール等が記載され、定住自立圏の取り組みは、このビジョンに沿って推進されます。
 上田市では、平成23年12月8日に上田地域定住自立圏共生ビジョンを策定しました。
 平成24年12月14日、嬬恋村加入に伴い上田地域定住自立圏共生ビジョンを変更しました。(第1回目)
 平成26年3月20日、上田地域定住自立圏共生ビジョンを変更しました。(第2回目)

 平成27年3月6日、上田地域定住自立圏共生ビジョンを変更しました。(第3回目)

 

ページ先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

上田市役所政策企画部政策企画課

〒386-8601 長野県上田市大手一丁目11番16号

電話番号:0268-23-5112

ファックス番号:0268-25-4100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る