探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 暮らし・防災 > 年金・保険 > 国民健康保険 > 国保の保険証
URLを送る
印刷

更新日:2016年1月1日

国保の保険証

国保の保険証

 国保に加入すると、加入者ごとに1枚「保険証」を交付します。保険証を病院等の窓口で提示することにより、医療費の一部を自己負担するだけで、診療などを受けることができます。自己負担額以外の医療費は国保が負担し、病院等へ支払います。

 保険証は毎年10月に一斉更新します。なお、平成24年度から保険証一斉更新時にできるだけ早くお届けするため、郵送方法を普通郵便にしています。

臓器提供の意思表示

 保険証の裏面には、臓器提供の意思を表示する欄があります。この欄への記入は任意です。
 なお、臓器提供に関する詳しいことは、社団法人日本臓器移植ネットワークのホームページ等を御覧ください。

保険証の有効期限

 保険証は、1年間(10月1日から翌年9月30日まで)有効です。新しく国保へ加入された方も、有効期限は次の9月30日までとなります。ただし、次の方は有効期限が異なることがあります。

  • 期限内に75歳の誕生日を迎える方
  • 期限内に65歳の誕生日を迎える、退職者医療制度の対象の方及びその御家族の方
  • 期限内に在留期限を迎える外国人の方
  • 国民健康保険税(国保税)に未納のある方

 なお、国保税を納期限から1年以上未納が続くと保険証の返還を求め、資格証明書を交付する場合があります。
 詳しくは、国保税未納世帯への措置のページを御覧ください。

退職者医療制度の対象の方

 長い間、会社などに勤めた後に国民健康保険に加入した方で、厚生年金保険や共済組合などから年金を受けられる60歳から65歳未満の方とそのご家族は、「退職者医療制度」のもとで給付などを受けることになります。
 該当する方には「退職被保険者証」が交付され、医療機関を受診する際は、このを証を提示します。自己負担割合は国保一般被保険者と同様です。

市外へ転居する学生の方

 修学のため、他市町村へ住所を移す学生の方については、例外的に親元の世帯で保険税を負担するものとして、上田市国保の保険証を交付します。
 上田市で転出の手続きをする際に、合わせてお届けください。

必要なもの

印鑑(朱肉を使用する印鑑)、学生証(コピー可)または在学証明書(原本)、世帯主及び対象者の個人番号確認書類来庁者の身分確認書類

70歳以上75歳未満の方の高齢受給者証

 70歳になると、医療機関で診療を受けたときの自己負担割合を示す「国民健康保険高齢受給者証」が交付されます。後期高齢者医療制度の該当者を除き、70歳になる誕生日の翌月(1日生まれの方は誕生月)の1日から、75歳になる誕生日の前日まで利用できます。医療機関を受診する際は、保険証と一緒に高齢受給者証も窓口で提示してください。
 自己負担割合に関することは、療養の給付のページを御覧ください。

保険証を紛失したり、汚れて使えなくなったときは再発行の手続きをしてください

手続きを行う場所

上田市役所国保年金課又各地域自治センターの窓口

手続きを行う方

ご本人か、ご本人が来庁できない場合は、ご本人と同じ世帯の方

上記以外の方がいらっしゃる場合は委任状が必要となります。

手続きに必要なもの

お問い合わせ

上田市役所福祉部国保年金課

〒386-8601 長野県上田市大手一丁目11番16号

電話番号:0268-23-5118

ファックス番号:0268-28-4001

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る