探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 暮らし・防災 > 環境保全 > 情報ア・ラ・カルト > マイマイガ
URLを送る
印刷

更新日:2015年4月9日

マイマイガ

マイマイガの家庭での対策をお願いします

 上田市内で、「マイマイガ」が様々な場所で例年以上に発生しています。
 「マイマイガ」は概ね10年周期で大量発生し、終息までに3年かかると言われており、大量発生から数年は、特に注意が必要です。
 そのため、この虫の生態を理解し、正しく・安全に駆除・除去することで大量発生を抑制しましょう。

写真:マイマイガと卵
「マイマイガ」(メス)と卵 
写真:マイマイガの卵
「マイマイガ」の卵
写真:マイマイガ(オス)
「マイマイガ」(オス)

マイマイガとは

 「マイマイガ」は、通常であれば7月上中旬ごろにう化し、1、2週間ほどで死んでしまいます。
 また、卵からふ化したばかりの小さな幼虫(5ミリメートルほどの毛虫)には毒毛があり、触ると皮膚の弱い人が赤く腫れたりかゆみを伴うことがまれにあるようです。幼虫のふ化時期は概ね桜の開花時期になります。
 幼虫は糸を吐いてぶら下がり、風に乗って移動し拡散します。概ね5回脱皮して成長した幼虫は体長60~80ミリメートル程度です。
 通常、成虫になった「マイマイガ」は、森や林の樹木に産卵しますが、大発生した時は、夜間、照明などに誘導され森や林から出てきて、付近の電柱や家の壁などに薄茶色した卵塊(母蛾の体毛に覆われた卵)を産み付けます。
 卵はこの状態で越冬し、春先に孵化します。

マイマイガの駆除・除去方法

 「マイマイガ」の駆除については、卵のうちに除去するか幼虫時に駆除することが最も効果的であると言われており、成虫になると効果的な方法はありません。
 この時期は、ご自宅の外壁などに産み付けられている卵を発見した場合には、来年の発生を防ぐためにも駆除するよう、ご協力をお願いします。マイマイガの卵はヘラ状のものかペットボトルを半分に切ったものを使用すると効率的に剥がせます。集めた卵は可燃ごみとして出してください。

幼虫(毛虫)の場合

  • 幼虫が小さいうち(体長1センチメートル程度まで)であれば、ホームセンターなどで販売している毛虫用の殺虫剤が有効です。
  • スプレー剤を使用する場合は、幼虫が吹き飛ばされて体に付着することがあるので、注意してください。
  • 農薬を散布する場合は、使用できる植物や散布方法などを販売店や専門家に相談し、周囲への影響が出ないように注意してください。
  • 体長1センチメートルを超えた幼虫は、殺虫剤や農薬の効き目が悪くなりますので、小さいうちに駆除することが大切です。
  • 毛虫のついた枝ごと切り取り処分したり、周辺を除草することで風通しをよくし、幼虫が生育しづらい環境を作ることも重要です。

成虫(ガ)の場合

  • 照明に飛来し、近くの樹木や外壁に産卵することから、消灯や誘虫性の低い照明(LEDなど)への交換が有効です。消灯する場合は、防犯面にも十分注意してください。
  • 外壁等にとまっている成虫には、ガの駆除に適した家庭用の殺虫剤が有効ですが、使用の際には説明書に従い、周囲に十分注意してください。
  • 夜間点灯している店舗の照明等に対する苦情が市に寄せられています。誘虫を防ぐため、可能な範囲で夜間の消灯・減灯についてご協力ください。

卵塊の場合

マイマイガは、建物の壁、基礎、エアコン室外機の裏、壁の溝、物陰、樹皮の間や根元など見えづらい所にも産卵します。

  • 外壁などに付いた卵塊は、柔らかいヘラなどでそぎ落とし、土に埋めるか小袋などにいれて燃えるごみとして処分してください。
  • 2リットルのペットボトルを半分に切ったものでそぎ落とす方法もあります。
  • 成虫や卵塊の駆除等の作業の際は、舞い上がった鱗毛が目に入ったり、口から吸い込むことを防ぐため、手袋・ゴーグル・マスクを着用するか、水をかけるなどをして飛散しにくくしてから行ってください。
  • 卵の時には、薬剤の効果はあまりありません。

写真:ペットボトルを利用した卵塊の駆除
ペットボトルを利用した卵塊の駆除

注意事項

  • 殺虫剤を使用する際は、用法用量を守り、通行人や周辺住民に十分配慮してください。
  • 取り除いた卵塊を放置しておくと、そこから幼虫がふ化することがありますので注意が必要です。

問い合わせ

内   容 相 談 先 電話番号等
自宅の庭などの駆除の依頼 害虫処理業者・造園業者など タウンページなどでご確認ください
公共施設での発生 各施設の管理者 各施設へ
空き地等での発生(注1) 生活環境課 0268-23-5120
農業関係の相談 農政課 0268-23-5122
林業関係の相談 森林整備課 0268-23-5124
自治会による駆除の相談 森林整備課 0268-23-5124
衛生害虫の相談 上田保健福祉事務所 0268-25-7150

(注1)空き地での発生の場合、上田市空き地の環境に関する条例に基づき、市から土地所有者に対して適正管理の要請を行います。

参考文献

リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

上田市役所生活環境部生活環境課

〒386-8601 長野県上田市大手一丁目11番16号

電話番号:0268-23-5120(環境保全担当)

ファックス番号:0268-22-4127(直通)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る