探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 暮らし・防災 > 環境保全 > 水没した太陽光発電設備による感電防止等について
URLを送る
印刷

更新日:2017年10月18日

水没した太陽光発電設備による感電防止等について

 平成29年7月、福岡県及び大分県にて台風から変わった低気圧による大雨・河川氾濫等により浸水が発せしました。これを受け、経済産業省より次のとおり注意喚起がありました。市民の皆様におかれましては、浸水・破損した太陽光発電設備には、むやみに近づかないよう十分にご注意ください。

 

 ・台風による大雨や、局地的な豪雨により、太陽光発電設備の浸水・破損などの被害の発生が懸念されています。

 ・太陽光発電設備は、浸水・破損した場合であっても光が当たれば発電することが可能であり、接近又は接触すると感電する恐れがあります。

 

経済産業省からの注意点

  • 太陽光発電設備(モジュール(太陽光パネル)、架台・支持物、集電箱、パワーコンディショナー、送電設備(キュービクル等))は、浸水しているときに接近すると感電する恐れがあるので、近づかないこと。
  • モジュール(太陽光パネル)は光が当たると発電するため感電する恐れがある。漂流しているモジュール(太陽光パネル)や漂流・放置されているモジュール(太陽光パネル)をやむを得ず取り扱うときは、素手では触らず、感電対策(ゴム手袋、ゴム長靴の使用等)などによって感電リスクを低減すること。
  • 感電の恐れがある太陽光発電設備を見つけたら、周囲に注意を呼びかけること。壊れたモジュール(太陽光パネル)を処理するときは、ブルーシート等で覆って遮蔽するか、パネル面を地面に向けて感電防止に努めること。廃棄の方法は自治体の指示に従うこと。
  • 水が引いた後でも、太陽光発電設備の機器の内部に水分が残っていると感電する恐れがあるので、復旧作業に当たっては感電防止に努めること。
  • 水が引いた後でも、太陽光発電設備の機器の内部に残った湿気や汚損などが原因となって発火することがあるので、復旧作業に当たっては十分な注意を払って電気火災防止に努めること。

 

お問い合わせ

上田市役所生活環境部生活環境課

〒386-8601 長野県上田市大手一丁目11番16号

電話番号:環境政策担当 0268-23-5120

ファックス番号:0268-22-4127(直通)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る