探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 暮らし・防災 > 生活安全 > 消費者被害対策 > 悪質商法の形態と事例
URLを送る
印刷

更新日:2015年4月9日

悪質商法の形態と事例

悪質商法の主な形態とその事例を紹介します。

悪質商法の形態一覧

霊感商法

点検商法

催眠商法

送り付け商法

次々商法

マルチ商法

内職モニター商法

講座・資格商法

アポイントメント商法

キャッチセールス商法

悪質商法の形態と事例

 悪質商法の形態、およびその事例を紹介します。

 

霊感商法

 「あなたの家には悪霊が取りついている。私たちで作っている印鑑を使えば悪霊を取り除くことができます」などと言って女性が訪問してきた。女性の話を聞いているうちに徐々に不安になり、更に、「この印鑑を使えば運気が良くなる」などと言って勧められたので、1本10万円の印鑑を購入してしまった。
 後日、「おはらいを受ければ、更に家族の運気があがる」「仏像も家に置く必要がある」と勧められ、数十万円の祈祷料の支払いと仏像を購入してしまい、家族から返品したほうがいいと言われ、相手に問い合わせをしたが取り合ってもらえなかった。

ページ先頭へ

 

点検商法

 作業着を着て名札をさげた男が「県○○協会の委託を受けてきました。無料で床下の点検を実施しています」といって訪問してきた。
 無料で床下の点検をしてもらったところ、男は、「床下が腐っている。このままでいると家が倒れますよ」と言って、床下の写真を見せられた。
 その写真を見ると柱がぼろぼろに腐っていて、男は「今回は無料点検期間中ですから安くできますよ」と勧めてきたので、悩んだあげく契約を交わし、柱の補修や除湿器等の取り付け工事をしてもらったが、割と高額な請求をされてしまった。
 後日、知り合いの工務店に相談し床下を見てもらったところ、写真は補修する必要もなく、男に見せられた写真も偽物で、必要のない除湿器が何台も取り付けられていた。

ページ先頭へ

 

催眠商法

 近くのスーパー近くで「無料でプレゼントを配っています」と声をかけられ集会所まで付いて行った。「早い者勝ち」等と言って、スポンジや洗剤等の台所用品が次々と配られ、会場は熱狂的な興奮状態になっていた。
 景品だけもらって帰ろうと思っていたが、業者のペースに巻き込まれ帰れない雰囲気となり、最終的には高級な布団の購入を勧められ、「買わなければ損、高級布団がたったの20万円で提供」との誘いに契約してしまった。

ページ先頭へ

 

送り付け商法

 突然、「以前お申し込みいただいた健康食品を本日発送します」などと電話連絡があり、申し込んだ覚えがないと断ったが、その後商品が代金引換で送られてきた。
 また、代金引換ではなく、商品とともに消費者の氏名、住所等が既に印字された現金書留の返信封筒が同封されており、その後業者が電話をかけてきて、脅すような口調で支払を迫るものもある。

ページ先頭へ

 

次々商法

 「古い布団を下取りしますよ」とセールスの男が訪問してきて、布団を処分するつもりで家に入れたはずが、逆に布団セットの購入を勧められ、渋々購入してしまった。
 その後も、浄水器や掃除機等、次から次へと紹介され、「お金がない。」などと断っても、業者は「クレジット契約も出来ますから」と勧められ、次々と契約を交わし高額のお金を支払ってしまった。

ページ先頭へ

 

マルチ商法

 友人に「簡単に儲かるいいはなしがある」と誘われ、健康食品の販売組織の説明会に参加した。そこで「友達などを誘って組織に入会させ、商品を売ればマージンが入る」といとも簡単に利益を得られるかのようにしつこく勧誘されて契約を交わした。
 その後、組織の説明のとおり友達を誘ってきたが、だれも入会してもらえず、商品の在庫が大量に残ってしまった。

ページ先頭へ

 

内職モニター商法

 自宅でパソコンを使ってホームページを作成する内職を申し込んだが、仕事をするために必要だとしてパソコンと検定試験の教材を買わされた。
 ところが、簡単だと聞いていた試験が難しくなかなか合格が出来ず、やっと合格しても仕事のあっせんは全くなく、パソコン・教材のローンだけが残ってしまった。

ページ先頭へ

 

講座・資格商法

 以前に「簡単な試験で資格が取れる」「国家資格も取れる」などの勧誘で申し込んだが試験には合格せず数年が経過していた。その後、業者から電話で「資格を取るまで契約は継続しているので、更新料として30万円を支払え。解約する場合は解約料として10万円を支払え」と責められ、断ると、業者は「法的な手続きを取る」などと脅してきた。

ページ先頭へ

 

アポイントメント商法

 「安く旅行に行けるクラブ会員に入らないか」と電話での勧誘があったので直接会って話を聞いてみることとした。初めのうちは芸能人、アイドルなどの雑談をし、しばらくして話しに疲れてきたところ、安く旅行にいけるクラブの話しになり、会員になるようさかんに勧められていた。
 深夜3時を過ぎたため、契約しないと帰れないと思い書類にサインをしてしまった。
 あとで契約書をよく見ると、旅行に安く行ける会員契約と一緒に数十万円もする教材を買わされていた。

ページ先頭へ

 

キャッチセールス商法

 駅前や繁華街などの路上で「アンケートに答えてほしい」と言われてついて行ったら、ビルの1室にある営業所に連れてかれた。
 そこでアンケートに答え、帰ろうとしたところ、担当者から「このまま放っておくと将来、お肌がボロボロになって取り返しのつかないことになる」などと言われて化粧品やエステを勧められ、契約してしまった。

ページ先頭へ

お問い合わせ

上田市役所生活環境部生活環境課

〒386-8601 長野県上田市大手一丁目11番16号

電話番号:生活安全担当 0268-22-4140

ファックス番号:0268-22-4127

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る