探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 暮らし・防災 > 生活安全 > 特殊詐欺対策 > 不審電話・不審な訪問の事例
URLを送る
印刷

更新日:2017年1月18日

不審電話・不審な訪問の事例

 

 

市役所「福祉課職員」をかたる不審電話

 市役所福祉課の職員を名乗る男から、「お一人暮らしですか?生活は大丈夫ですか?」などの不審な電話がかかってきた・・・

 市役所ではこのような連絡は行っていません。詐欺の電話です。 

 

市役所「健康推進課職員」をかたる不審電話

 市役所健康推進課の職員と名乗る男から「医療費の還付金がありますが、いまだに手続きがされていません。今日中であればATMで手続きができます」などの電話があり、ATMへ向かうよう指示された・・・

 市役所ではこのような連絡は行っていません。詐欺の電話です。

 

息子をかたる不審電話

 実在の息子の名前を名乗り、「今、風邪を引いて声がおかしい」、「明日耳鼻科に行って、その帰りに友達と一緒に家に寄る」、「同級生に会いに帰る」などと電話がかかってきた・・・

 「風邪を引いて声がおかしい」、「携帯電話を借りている」、「携帯電話番号が変わった」、「すぐにお金が必要だ」などの言葉は典型的な詐欺のキーワードです。

 

大手企業を装った不審電話

 大手企業を装った男から「あなたの自宅近くに介護センターが建設される予定です。確認したところ、あなた様が債権者の名簿に載っております。私どもの会社に権利を譲って欲しい」との電話がかかってきた・・・
 この手口は、権利を譲ったり、名義を貸してしまうと、その後、「名義貸しは犯罪だ」「あなたを告発することになる」とトラブル回避の費用を要求されます。また、断っても、勝手に「あなたの名前で購入した」などと連絡があり、同じようにトラブル回避の費用を要求されます。 

 

警察官をかたる不審電話

 警察官を名乗る者から、「詐欺の犯人を調べたところ、通帳のリストを持っており、あなたの通帳が載っていた」、「あなたの個人情報が漏れており、通帳からお金が下ろされるおそれがあります」などという電話がかかってきた・・・
 警察ではこのような電話連絡は行っていません。詐欺の手口です。

 

個人情報流出・刑罰の単語で不安をあおる特殊詐欺

 生活支援センター職員を名乗る男から「個人情報が漏れているため、その個人情報の流出をストップするための手続きが必要である」と、不安をあおる電話がありました。
 その後、医療会社を名乗る者から「ご注文いただきました、車いす100台の販売をします。詳細は生活支援センターと話をして下さい」と連絡があり、女性は最初に電話があった生活支援センターへ連絡をしたところ、「車いすはあなたの名義で購入しましたが、支払いは私たちが行います。心配しないでください」とのことでした。ところが、その後、生活支援センター職員を名乗る男から「車いす販売業者との交渉で、購入者と支払者が違い、契約違反であることを指摘された。懲役刑か罰金になるおそれがある。あなたの預金額を教えて欲しい」との電話があり、女性は預金額等を教えてしまいました。
 これは典型的な特殊詐欺の手口です。

 

消費生活センターをかたる不審電話

 仮設住宅の販売会社を名乗る者から、全く身に覚えのない「会社の会員登録を譲って欲しい」と連絡があり、それを承諾したところ、東京の消費生活センターを名乗る者から、「会員登録を譲る行為は犯罪になる。1000万円を銀行から下ろしておくように」と電話で指示があった・・・
 これは、典型的な特殊詐欺の手口です。
 消費生活センターではこのような連絡は行っていません。

 

市役所職員の不審な訪問

 市役所職員の名乗る者が「ガスメーターの清掃にきた」と言って訪問してきた・・・
 市役所及びガス会社ではそのような訪問は行っておりません。詐欺の手口です。

お問い合わせ

上田市役所生活環境部生活環境課

〒386-8601 長野県上田市大手一丁目11番16号

電話番号:生活安全担当 0268-22-4140

ファックス番号:0268-22-4127

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る