探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 市政情報 > 選挙 > 選挙管理委員会からのお知らせ > 「満20歳以上」から「満18歳以上」に選挙権年齢が引き下げられました
URLを送る
印刷

更新日:2017年8月15日

「満20歳以上」から「満18歳以上」に選挙権年齢が引き下げられました

より豊かにだれもが生き生きと暮らせる社会となることを願い、私たちの意思を伝え実現してくれる人を選ぶのが「選挙」です。

憲法では、民主主義を基本理念として、選挙により国会議員や地方議員、首長を選んだり、自ら立候補したりする参政権を国民に保障しています。参政権の中心となる権利が選挙権です。

しかしながら、特に若い年齢層の有権者を中心に投票を棄権する方が増え、投票率の全体的な低下が民主主義をも揺るがす社会的問題となっています。そんな状況の中、選挙権年齢が「満20歳以上」から「満18歳以上」に引き下げられることになりました。


選挙権は、憲法が国民に保障する政治に参加するための基本的な権利です。

現在、この選挙権が与えられる要件として、
 (1)日本国民であること
 (2)年齢満18歳以上であること
 (3)地方公共団体の議会の議員及び長の選挙は、一定の住所要件を満たしていること
 (4)罪を犯し、刑罰が確定するなどの欠格事項に該当しないこと
これらを満たすこととされています。

平成27年6月19日に成立した公職選挙法の改正法により、平成28年6月19日以降に選挙期日の公示日(注1)を迎える国政選挙(衆議院議員総選挙及び参議院議員通常選挙)から、選挙権年齢が「満20歳以上」から「満18歳以上」に引き下げられました。

これにより、国政選挙や地方公共団体の議会の議員や長の選挙等の投票ができ、また、自ら選挙運動(投票依頼など)を行うこともできるようになりました。

(注1) 選挙期日(投票日)を決定し周知する日をいい、公示又は告示が行われた後、立候補の届出や、選挙運動が開始されます。なお、衆議院議員総選挙と参議院議員通常選挙は、天皇が選挙期日を公にするため“公示”といい、それ以外の選挙は、選挙を管理執行する選挙管理委員会が選挙期日の周知を行うため“告示”といいます。

お問い合わせ

上田市役所選挙管理委員会事務局

〒386-0024 長野県上田市大手二丁目3番3号

電話番号:0268-23-5438

ファックス番号:0268-26-5048

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る