探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 市政情報 > 総合政策 > 合併(平成18年3月6日)に関すること
URLを送る
印刷

更新日:2016年4月22日

合併(平成18年3月6日)に関すること

平成18年3月6日に、旧上田市、旧丸子町、旧真田町、旧武石村の1市2町1村が合併し、新しい「上田市」が発足しました。
このページでは、合併後の新「上田市」と合併によって変更になった部分について掲載しています。

合併調整の状況について(平成26年1月現在)

  ● 合併後調整分

合併調整の進捗管理について(平成24年4月5日)

  ● 平成23年度庁内事業仕分け(合併調整項目調整方針)(PDF:295KB)

住所表示について

  ● 合併後の住所表示

合併記念式典の概要について

  ● 開市式(平成18年3月6日)

  ● 新生「上田市」誕生カウントダウンイベント(平成18年3月5日)

  ● 新生「上田市」誕生200日前・カウントダウン開始(平成17年8月18日)

合併への歩みについて

  ● 合併事務手続きと合併調整

  ● 市民意向調査(平成15年9月~10月実施)

  ● 合併を考える市民の集い(平成15年9月17日)

合併協議会について

  ● 上田市・丸子町・真田町・武石村合併協議会(平成18年3月5日解散)アーカイブ

 

新生「上田市」建設計画

新生「上田市」建設計画の変更について

 「東日本大震災に伴う合併市町村に係る地方債の特例に関する法律」が平成24年6月に改正されたことによって、合併市町村に係る地方債の特例による起債可能期間が10年間から15年間に延長されました。

 これを受け、上田市では、有利な起債である合併特例債を引き続き活用し、市の一体性の確立と地域間の均衡ある発展を総合的かつ効果的に進めることができるよう、新生「上田市」建設計画を変更しました。

 計画の変更にあたっては、計画策定当初の趣旨、背景を尊重し「新市建設の基本方針」や「新市の施策」といった計画の根幹の変更は行わず、合併特例債の起債可能期間の延長手続きに必要な項目のみを変更しました。

 

1.計画期間

 平成17年度から平成27年度までの計画期間を5年間延長し、平成32年度までに変更しました。

2.人口の見通し

 平成12年から平成22年までは国勢調査による実績値を、平成27年からは「上田市版人口ビジョン」による推計値に変更しました。

3.財政計画

 平成17年度から平成26年度までは決算額に置き換え、平成27年度以降については、基本的に当初計画の策定条件を踏襲した財政計画に変更しました。

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

上田市役所総務部行政管理課

〒386-8601 長野県上田市大手一丁目11番16号

電話番号:0268-22-4100

ファックス番号:0268-25-4100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る