探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 楽しむ・文化・スポーツ > 文化 > 上田城の歴史 > エピソード2 「最後の藩主・松平忠礼」
URLを送る
印刷

更新日:2017年4月19日

エピソード2 「最後の藩主・松平忠礼」

写真好きだった最後の藩主

松平忠礼
戊辰戦争の前に撮影された松平忠礼。小具足出立の旧式の軍装姿。松平忠礼
洋式軍装で、髷を結い大小の刀を差している松平忠礼。 写真の撮影・現像の技術は幕末に日本に伝えられ、多くの大名が写真に関心を寄せました。最後の上田藩主・松平忠礼(ただなり)もその一人で、自身や家族の写真を残しています。当時の写真はガラスに画像を焼き付けたものです。忠礼たちが撮影された場所は江戸や上田と思われますが、当時有名だった長崎の写真館で撮影したものもあり、忠礼の写真愛好家としての一面がうかがえます。撮影の年代が分かるものは慶応4年(1868)の写真で戊辰(ぼしん)戦争を前に撮影されたものです。
大野木左門
上田藩で写真技術を研究した大野木左門。 この頃、上田藩の役人をしていた大野木左門(おおやぎさもん)は、軍事や化学、物理などに関心を持ち、特に写真の技術を熱心に学んだ人物です。彼が撮影した写真や、現像液の調合比率を書いた文書、日本各地の写真師と情報交換した手紙などが残っています。市立博物館が所蔵する松平忠礼の写真は撮影者が不明ですが、大野木が撮影したものも含まれているかもしれません。
 このように、明治維新の頃には、すでに上田にも写真を撮影・現像できる人物がいました。これは、上田の歴史を考えるうえでも、大変注目されることです。

「上田城の歴史」へ

お問い合わせ

上田市役所教育委員会生涯学習・文化財課

〒386-0025 長野県上田市天神一丁目8番1号

電話番号:0268-23-6362

ファックス番号:0268-23-6368

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る