探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 楽しむ・文化・スポーツ > 文化 > 上田城の歴史 > エピソード6 「二の丸にあった監獄」
URLを送る
印刷

更新日:2017年4月19日

エピソード6 「二の丸にあった監獄」

二の丸にあった監獄ともう一つの二の丸橋

監獄
明治26年に撮影された上田監獄署。 現在、市立博物館がある一角に上田監獄署ができたのは明治18年。城跡に残っていた石垣や土塁の上に更に高い塀を築き、周りを囲みました。現在の二の丸橋のところが正門となり、頑丈な門が石垣の間に作られました。そんな事情もあり、公園利用者のために二の丸橋の南側にもう一つ橋を設けていたようです。現在のけやき並木のところに鉄道(上田温泉電軌(き)北東線)を通すことになった昭和初年に、この橋は撤去されましたが、二の丸橋が二つあったというのは、現在では想像もできません。

「上田城の歴史」へ

お問い合わせ

上田市役所教育委員会生涯学習・文化財課

〒386-0025 長野県上田市天神一丁目8番1号

電話番号:0268-23-6362

ファックス番号:0268-23-6368

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る