探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 楽しむ・文化・スポーツ > 文化 > 上田城の歴史 > エピソード12 「市民の憩いの場となった公園」
URLを送る
印刷

更新日:2017年4月19日

エピソード12 「市民の憩いの場となった公園」

大勢の人に愛される上田城跡

 上田城跡公園は、昭和40年代までは、冬になると堀の水がかちかちに凍り、子どもも大人もスケートを楽しむことができました。また、魚本丸堀でのスケート(昭和35年)
本丸堀でのスケート(昭和35年)釣り大会が開催されるなど、堀は子どもたちの格好の遊び場になっていました。この頃堀には橋が架かっていて、招魂社(しょうこんしゃ)の前から本丸(通称・だんご山)へと渡っていくことができました。
 博物館の北側にあるテニスコートは、昭和2年に造られた歴史あるものです。昭和53年に長野県で開催された「やまびこ国体」の競技会場としても使用されました。
 招魂社の東隣の、現在、広場となっている場所には、昭和63年まで武徳殿(ぶとくでん)(上田市総合展示場)がありました。かつては屋本丸堀での釣り大会
本丸堀での釣り大会(昭和40年)内体育館などとしても利用されたこの建物は、いろいろな催しものが開かれたため、多くの皆さんが覚えていることと思います。
 また、公園内にはたくさんの碑や赤松小三郎、山極勝三郎、三吉米熊(みよしよねくま)をはじめ、上田市に縁の深い先人たちの像があります。こうした碑や像を巡るのも楽しいかもしれません。
やまびこ国体開催(昭和53年)
やまびこ国体開催(昭和53年) 博物館前の園地の一角にある、SBC信越放送のラジオ塔。かつては全国の公園などにこのようなラジオ塔が建てられ、時報や緊急放送を伝える役目を果たしていました。現在では放送が流れることはありませんが、古くなりその役割を終えた今も、上田城跡にその姿を留め歴史を物語っています。
 このように、廃城となった上田城は、市民の憩いの場である公園として生まれ変わり、いろいろな世代の皆さんに愛され、親しまれて、現在に至っています。

 

「上田城の歴史」へ

お問い合わせ

上田市役所教育委員会生涯学習・文化財課

〒386-0025 長野県上田市天神一丁目8番1号

電話番号:0268-23-6362

ファックス番号:0268-23-6368

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る