探したいことばは?

ここから本文です。

ホーム > 楽しむ・文化・スポーツ > 真田氏歴史館

うえだ、らしく、たのしむ。

楽しむ・文化・スポーツ

真田氏歴史館

六文銭真田三代の足跡を辿りその活躍に思いを馳せる

真田氏歴史館正面
 真田氏歴史館は、戦いの足跡や武具甲冑など真田一族に関する資料が展示された資料館です。
 戦国の激動の世を生き抜いた真田三代の足跡を辿り、真田三代の活躍に思いを馳せてみませんか。

六文銭 入館情報

  1. 観覧料
    一般250円、高等学校以上の生徒・学生160円、小中学校の児童・生徒100円、団体入館料(20名以上)
    一般200円、高等学校以上の生徒・学生120、小中学校の児童・生徒80円
    障がいのある方及び介助者は無料になります。
    上田市内に居住する小中学生、高校生は無料になります。
  2. 開館時間
    午前9時から午後4時まで
    4月29日~9月末まで午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
    【休館日】
    平成28年12月末までは無休。
    詳しくは、平成28年度休館日カレンダー(PDF:19KB)をご覧ください。

六文銭 平成28年 企画展

   「大坂城真田丸(絵図・地形図・空中写真によって考察する位置と形状)」

真田氏歴史館平成28年企画展

豊臣家と徳川家の最終決戦となり、戦国時代最後の大合戦となった「大坂の陣」。
慶長19年(1614年)10月~12月に行われた「大坂冬の陣」、翌年慶長20年(1615年)には「大坂夏の陣」が起こり、慶長20年5月、大坂城落城とともに豊臣家は滅亡しました。
本展では大坂冬の陣の激戦地となった「真田丸」にクローズアップし、日本城郭史学会の坂井尚登氏の考察に基づき、絵図、地形図から巨大な単郭の丸馬出とされてきた真田丸の位置と形状について注目します。

 

期間

平成28年5月21日(土曜日)~平成28年9月30日(金曜日)

 

出品史料

  • 日本城郭史学会 坂井尚登氏論文「大坂城真田丸(絵図・地形図・空中写真によって考察する位置と形状)」
  • 冬の陣布陣古地図
    (しろはく 古地図と城の博物館 富原文庫 富原道晴氏 所蔵)

六文銭 館内案内

写真:田氏歴史館展示室
真田氏歴史館展示室

真田氏歴史館展示室
 
 武田二十四将として活躍した真田幸隆をはじめとする真田一族の歴史を古文書や武具等の豊富な資料で紹介しています。
 館内の展示は、年代に沿って配置されており、観覧していくうちに真田氏の活躍の様子をわかりやすく理解することができます。

写真:真田氏歴史館甲冑
真田氏歴史館甲冑

真田氏歴史館甲冑

 真田昌幸、信之、幸村親子の精巧な復元甲冑を六文銭の陣幕、旗を背景に展示しています。

写真:真田庵
真田庵

真田庵

 歴史館に隣接する真田庵では、クルミ味とゴマ味のおはぎ(300円)等の郷土料理が食べられます。

<真田庵>営業期間は3月中旬から11月上旬まで。火曜日定休です。

メニュー表をどうぞ。(PDF:118KB)

 

写真:真田氏館跡
真田氏館跡

真田氏館跡

 真田氏が上田城を築城する以前の居館跡で、地元では「お屋敷」と呼ばれ親しまれています。現在は「御屋敷公園」として整備され、ツツジの名所として知られています。真田氏歴史館に隣接しています。

六文銭 問い合わせ

真田氏歴史館

  • 所在地
    長野県上田市真田町本原2984番地1 [ 地図 ]
    電話番号:0268-72-4344
  • 電車・バスでのアクセス
    JR上田駅・しなの鉄道上田駅より上田バスをご利用ください。
    • 上田バス真田・菅平・傍陽線 →「真田自治センター入口」で乗り換え → 赤井線「真田氏歴史館」下車(赤井線は日曜・祝祭日は運休です)
    • または真田・菅平線→「幸村の郷 夢工房前」下車→ゆきむら夢工房で電動アシスト自転車でサイクリングしながら歴史館まで。(夢工房~歴史館 自転車で約15分。上り坂です。)
      上田バスの時刻表(外部サイトへリンク)
      ゆきむら夢工房
  • 自動車でのアクセス
    上信越道上田・菅平ICより国道144号で4.5キロメートル(15分)

よくある質問

ページの先頭へ戻る