探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 入札・産業・建設 > 都市建設 > 都市計画 > 太陽光発電設備の設置に関する指導要綱に基づく届出
URLを送る
印刷

更新日:2017年4月6日

 

太陽光発電設備の設置に関する指導要綱に基づく届出

敷地面積が1,000平方メートル以上、かつ、発電出力が50kW以上の、土地に自立して設置する太陽光発電設備には、届出が必要です

 市では土地に自立して設置する太陽光発電設備については、従来「上田市開発事業の規制に関する条例」(以下「開発条例」という。)により、都市計画区域内で、敷地面積が3,000平方メートル以上の設備について、届出が必要な開発行為として取り扱っていました。
 しかし、太陽光発電設備は、山林や農地に設置されるケースが多く、また敷地面積が3,000平方メートル未満であっても、その立地によっては、周囲の環境に影響を及ぼすおそれがあり、地元住民とのトラブルに至るケースもあります。
 市ではこれらの課題に対応し、秩序ある開発行為を促すため、現開発条例を補完する形で「上田市太陽光発電設備の設置に関する指導要綱」(以下「指導要綱」という。)を平成27年10月1日より施行しました。

 これにより、市内全域で実施される土地に自立して設置する太陽光発電設備については、敷地面積が1,000平方メートル以上、かつ、発電出力が50kW以上の設備について、指導要綱の基準に沿って計画していただくことになり、届出が必要な開発行為となりました。

 なお、対象となるのは、平成28年1月1日以降に工事着手する開発行為ですが、設置の条件により、届出の基準、技術基準等が異なりますので、太陽光発電設備の設置を計画されている方は、早めにご相談ください。


※建物の屋根に設置する太陽光発電設備は対象外です。

申請に必要な書類

提出部数

A4版ファイルに綴り、3部提出してください。

 

要綱等

要綱(PDF:115KB)

取扱要領(改正箇所朱書き版)(PDF:513KB)(平成29年4月1日から改正施行しました)

取扱要領(Word:76KB)

 

 

景観法・景観条例に基づく届出

 太陽光発電施設の太陽電池モジュール(太陽光パネル)の面積が合計500平方メートルを超えるものについては、別途、景観法・景観条例に基づく行為の届出が必要です。

 

 景観法・景観条例に基づく行為の届出

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

上田市役所都市建設部都市計画課

〒386-8601 長野県上田市大手一丁目11番16号

電話番号:0268-23-5134(調査計画担当) 0268-23-5127(街路公園整備担当、景観緑化係)

ファックス番号:0268-23-8247

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る