探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 楽しむ・文化・スポーツ > 塩田の里交流館「とっこ館」 > 平成22年度「農業農村整備優良地区コンクール」受賞
URLを送る
印刷

更新日:2015年4月14日

平成22年度「農業農村整備優良地区コンクール」受賞

 

 

塩田の里交流館運営委員会が平成22年度「農業農村整備優良地区コンクール」の「農村振興局長賞」を受賞!

 平成22年度農業農村整備優良地区コンクール(全国土地改良事業団体連合会 会長 野中広務 主催)に、塩田の里交流館運営委員会(会長 東川英樹氏)の活動(「第1回とっこ館秋祭り」(地域づくり連携事業)等)をとりまとめ応募したところ、平成23年2月25日の審査会(プレゼンテーション:東京都)において、「農村振興局長」の栄冠に輝きました。
 このコンクールは、農業農村整備事業(田園空間整備事業 上田青木地区)を契機として、地域独自の施策の展開や環境への配慮など、農村の振興を図り、活力と個性ある地域づくりを進めている地区や団体を対象に、優良事例を選定するものです。
 なお、表彰式は平成23年5月23日に東京都千代田区の砂防会館にて行われ、東川会長を始めとする運営委員会のメンバーが出席しました。また、翌日の平成23年5月24日に上田市長への受賞報告が行われました。

1 農業農村整備優良地区コンクールの概要

ア 主催

 全国土地改良事業団体連合会(水土里ネット)(外部サイトへリンク)

イ 概要

 農村整備事業の実施を契機に、農村の振興に向けて地域一体(市町村、土地改良区、地域住民の団体など)となった、活力と個性ある地域づくりを進めており、他の模範となる優れた成果を上げている団体を表彰。

ウ 部門・選定数など

(1)農業生産基盤整備部門と(2)農村振興整備部門の2種類の部門があり、それぞれの部門について、選定数は次のとおり。

農林水産大臣賞・・・2点まで

農村振興局長賞・・・4点まで

全国水土里ネット会長賞・・・数点

 ※ コア施設運営委員会は「農村振興局長賞」を受賞!

エ 選定委員会

 学識経験者(若干名)、農林水産省(若干名)から成る選定委員会が、プレゼン・書面審査等により選定した。

2 応募内容

 田園空間整備事業を契機に設立した塩田の里交流館運営委員会が「塩田の里交流館(とっこ館)」を拠点として、「都市と農村の交流」、「地域の活性化」を行った企画・運営活動。
 詳しくは、「地区調書」をご覧ください。

地区調書(PDF:2,945KB)

3 表彰式

 表彰式は平成23年5月23日に東京都千代田区の砂防会館で行われました。

ア 筒井農林水産副大臣から表彰を受ける東川英樹会長

写真:筒井農林水産副大臣から表彰を受ける東川英樹会長

イ 野中会長と運営委員会メンバーの集合写真

写真:野中会長と運営委員会メンバーの集合写真

4 上田市長への受賞報告

 平成23年5月23日の表彰式の翌日の5月24日に、東川英樹会長、事務局の西澤むめ子氏により、上田市長に受賞報告をしていただきました。
 同日、上田市長以外にも上小地方事務所長、長野県農地整備課長、長野県土地改良事業団体連合会長にも報告が行われました。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る