探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 暮らし・防災 > 税金 > 個人市県民税(住民税) > 市県民税の家屋敷課税
URLを送る
印刷

更新日:2015年3月23日

市県民税の家屋敷課税

家屋敷課税とは

家屋敷

賦課期日(毎年1月1日)現在、上田市内に家屋敷または事業所・事務所を持っていて、上田市に住所がない人には市県民税の均等割が課税されます。(地方税法第24条第1項第2号、第294条第1項第2号)

これは家屋敷等を持っていることで受ける行政サービス(ゴミの収集、消防、道路整備など)に対し、一定の負担をしていただく趣旨のものであり、固定資産税とは性質が異なります。

課税対象となる家屋敷

本人や家族が住む目的で、住所地以外の場所にある住宅
(居住していなくても、いつでも住める状態であれば課税対象となります)

課税対象となる例

  • 別荘、空き家
  • マンション、アパート

課税対象とならない例

  • 他人に貸し付ける目的で所有している住宅
  • 老朽化が激しく、住むことができない住宅


課税対象となる事務所・事業所

事業のために必要な設備で、そこで継続して事業が行われている場所

課税対象となる例

  • 医師、弁護士、税理士などが住宅以外に設ける診療所、事務所など
  • 事業主が住宅以外に設ける店舗

課税対象とならない例

  • 単なる資材置き場、倉庫など
  • 仮事務所など、2・3か月程度の一時的な事業のために設けられたもの

家屋敷課税の対象者

次の要件にあてはまる人に課税されます

  • 1月1日現在、上田市内に家屋敷、事業所・事務所を持っている
  • 1月1日現在、上田市に住民登録が無い
  • 現在居住している市区町村で、住民税が課税されている

お問い合わせ

上田市役所財政部税務課

〒386-8601 長野県上田市大手一丁目11番16号

電話番号:市民税係 0268-23-5115

ファックス番号:0268-22-4136

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る