探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 暮らし・防災 > 税金 > 個人市県民税(住民税) > 生命保険料控除の改正
URLを送る
印刷

更新日:2015年12月3日

生命保険料控除の改正

平成25年度から生命保険料控除が変わっています

 税制改正により、平成25年度から市県民税の生命保険料控除の計算方法が変わっています。
 従来の「一般の生命保険料」「個人年金保険料」に加え、介護保障・医療保障を内容とする「介護医療保険料」が新設されました。

 また、平成24年1月1日以後に締結した生命保険契約等についての控除適用限度額は、それぞれ28,000円に変更となります。合計適用限度額は現行どおり7万円です。

生命保険料控除の区分と控除の限度額

生命保険料控除改正イメージ画像

生命保険料控除の計算方法

 生命保険会社等から届く「生命保険料控除証明書」に、控除の区分と支払った保険料の金額が記載されています。
 一般生命保険料・個人年金保険料・介護医療保険料の区分ごとに、それぞれ以下のとおり計算し、合計した金額が生命保険料控除額です。ただし控除額は70,000円が上限です。
 なお、新契約か旧契約、または新旧両方の控除証明書がある場合で計算表が違いますのでご注意ください。

1 新契約(平成24年1月1日以降に締結した保険契約分)の計算表

支払った保険料の金額

控除額

12,000円以下

支払保険料の金額

12,001円から32,000円

支払保険料の金額×50%+6,000円

32,001円から56,000円

支払保険料の金額×25%+14,000円

56,001円以上

28,000円

2 旧契約(平成23年12月31日以前に締結した保険契約分)の計算表

支払った保険料の金額

控除額

15,000円以下

支払保険料の金額

15,001円から40,000円

支払保険料の金額×50%+7,500円

40,001円から70,000円

支払保険料の金額×25%+17,500円

70,001円以上

35,000円

3 新契約と旧契約の両方の控除証明書がある場合

 一般生命保険料または個人年金保険料について、新契約と旧契約両方の控除証明書がある場合は、新契約・旧契約をそれぞれ上の表で計算し、合計した金額が控除額になります。ただし上限はそれぞれ28,000円となります。

お問い合わせ

上田市役所財政部税務課

〒386-8601 長野県上田市大手一丁目11番16号

電話番号:市民税係 0268-23-5115

ファックス番号:0268-22-4136

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る