探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 暮らし・防災 > 税金 > 個人市県民税(住民税) > 給与特別徴収(給与からの市県民税の天引き) > 特別徴収の始め方
URLを送る
印刷

更新日:2015年3月23日

特別徴収の始め方

新たに特別徴収を行う事業所の方へ

 地方税法及び上田市税条例では、前年中に給与の支払を受けた方で、年度の初日(4月1日)現在に給与の支払を受けている方については、特別徴収により住民税を納めることとされています。
 給与所得者について特別徴収を行っていただくことのメリットは次のとおりです。

納税義務者の納税に係る手続きを軽減

 納税のために納税義務者の方が直接市役所や金融機関等へ出向く手間が省けます。また、住民税が給与から直接天引きされて納付されるため、納税を忘れて追徴金(督促手数料・延滞金)が加算されるのを避けることができます。
(注)特別徴収した税額の納入を忘れると、督促状が特別徴収義務者(事業所)へ届くことがありますので、御注意ください。

納税義務者の1回ごとの納付額の負担軽減

 普通徴収では原則として年税額を1期から4期までの年間計4回に分けて納めていただくのに対して、特別徴収ではその年の6月から翌年5月までの計12回に分けて給与から天引きされ納税されるため、1回ごとの納付額の負担が軽減されます。

特別徴収の始め方

 新たに特別徴収を始めようとする場合は、毎年1月末までに提出していただく給与支払報告書(総括表)に、朱書きで「特別徴収希望」等の記載をしてください。
 これにより6月分給与から特別徴収していただくよう、税額通知書をお送りします。

 退職等により給与の支払がなくなるなど、特別徴収できない方がいる場合は、その旨を給与支払報告書に記載すると共に、特別徴収を希望する方の給与支払報告書とは区別をして提出をお願いします。(詳しくは下記ファイルをご覧ください。)

 特別徴収者・普通徴収者の区分の仕方(PDF:6KB)

 また、年度の途中で特別徴収をしようとする場合は、下記ページの「市県民税・特別徴収への切替申請書」に記入の上、上田市役所税務課市民税係へ提出していただきます。特別徴収に切り替える方が複数名いる場合は、切替申請書の記入項目にならって、切り替える方の名簿(リスト)等を適宜作成し、添付していただいても結構です。
 
 市県民税・特別徴収への切替申請書(PDF:47KB)

(注)特別徴収に切り替える場合、普通徴収の納期限が過ぎた分については特別徴収への切替ができませんので、御注意ください。納期限が過ぎた分については、納税者御本人様に直接納めていただくようお伝えください。
 その他、注意していただきたい点が「市県民税・特別徴収への切替申請書」に記載してありますので、ご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

上田市役所財政部税務課

〒386-8601 長野県上田市大手一丁目11番16号

電話番号:市民税係 0268-23-5115

ファックス番号:0268-22-4136

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る