探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 暮らし・防災 > 税金 > 個人市県民税(住民税) > 市県民税の給料天引きによる納付(特別徴収) > 給与からの特別徴収の事務の流れ
URLを送る
印刷

更新日:2015年3月23日

給与からの特別徴収の事務の流れ

納税者1納税者2
納税者








←
3
税額の通知

→
4
税額を給与から天引き(6月から翌年5月までの毎月)

事業所
給与支払者
(特別徴収義務者)

→
1
給与支払報告書の提出
(1月31日まで)

←
3
税額の通知(5月31日まで)

→
5
税の納入(徴収した月の翌月10日まで)

2
税額の計算
市役所
市役所

1 給与支払報告書の提出

 毎年1月31日までに、給与の支払をした事業者は、従業員等の住所のある市区町村へ給与支払報告書を提出する義務があります。(地方税法317条の6)

2 税額の計算

 市県民税の税額の計算は市が行います。

3 税額の通知

 毎年5月31日までに、市から「特別徴収税額の決定通知書(特別徴収義務者用・納税義務者用)」を、特別徴収義務者(給与支払者)に送付いたします。

 特別徴収義務者は、納税義務者(給与所得者)に特別徴収税額の決定通知書(納税義務者用)を配布して、特別徴収税額をお知らせします。

4 毎月の給与からの税額の天引き

 特別徴収義務者は、市からの通知書に記載されている税額を、個々の納税義務者の給料から毎月徴収します。

5 税の納入

 特別徴収義務者は、給与から天引きした税額を、翌月10日までに一括で納付します。

参考

  • 市から送る特別徴収税額の決定通知書には、その年度の住民税として徴収される年税額と、それを徴収する月数(通常は6月から翌年5月までの12ヶ月分)で割った月々の徴収税額が記載されています。
  • 年の途中で就職した場合は、就職後の特別徴収が可能な月から翌年5月までの月数で住民税額を割り、毎月の徴収税額を算出します。
  • 特別徴収税額は年の途中で変更になる場合があります。
    この場合には、「特別徴収税額の変更通知書(特別徴収義務者用・納税義務者用)」を送付しますので、変更通知書に記載された月割額により徴収します。なお、納税義務者用の変更通知書は納税義務者本人に配布し、変更後の特別徴収税額をお知らせします。
  • 徴収した各月分の税額の納期限は、翌月の10日(土・日・祝日の場合は、翌平日)です。
    (例)6月に支払われる給料から特別徴収した税額の納期限は、7月10日になります。

参考リンク

新たに特別徴収を行う事業所の方へ

お問い合わせ

上田市役所財政部税務課

〒386-8601 長野県上田市大手一丁目11番16号

電話番号:市民税係 0268-23-5115

ファックス番号:0268-22-4136

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る