探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 暮らし・防災 > 税金 > 個人市県民税(住民税) > 平成31年度 給与支払報告書の提出について
URLを送る
印刷

更新日:2018年12月5日

平成31年度 給与支払報告書の提出について

目次

 給与支払報告書について

給与支払報告書とは

 平成30年1月から12月に給与・賃金等を支払った場合(役員、パート、アルバイト、専従者給与も含みます)に、受給者が平成31年1月1日(平成30年中に退職した方は退職した日)に居住する市区町村長あてに提出していただく必要がある書類です。

(地方税法第317条の6)

 給与支払報告書は、受給者にとって市県民税の申告に代わる重要な資料となりますので、必ず期限までに提出をお願いいたします。

 

提出する義務のある方

 給与・賃金等を支払った方(個人・法人を問いません)

 

提出期限

 平成31年1月31日(木曜日)
 ※事務処理の都合上、1月21日(月曜日)までの提出にご協力をお願いいたします。

 

提出先

 給与支払報告書は、受給者が平成31年1月1日現在(退職した方は退職時)に居住している市区町村に提出してください。
 住民登録地と実際の居住地が異なる場合で、居住地の市区町村へ提出する場合は、摘要欄に住民登録地の記載をお願いします。

 

給与支払報告書への法人番号・個人番号(マイナンバー)の記載が必要です

 平成29年度(平成28年分)の給与支払報告書からは、法人番号及び個人番号の記載が義務化されています。

(地方税法施行規則等の一部を改正する省令(平成27年総務省令第91号)平成28年1月1日施行)

 総括表に事業主の法人番号(個人事業主の場合は個人番号)を記載していただくほか、給与支払報告書には受給者本人と、受給者が扶養している方の個人番号の記載が必要です。

 記載にあたっては、受給者の本人確認を行うとともに、番号の記載誤りにご注意ください。

 

 提出方法について

紙に印刷した給与支払報告書を提出する

 上田市役所税務課(本庁舎4階へ移転しました)の窓口に直接お持ちいただくか、下記まで郵送してください。

 郵送する場合は、封筒に「給与支払報告書在中」と赤字で記載をお願いします。

 〒386-8601 長野県上田市大手一丁目11番16号 上田市役所税務課市民税係 宛

 

 市税の電子申告サービス「eLTAX(エルタックス)」を利用する

 市税の電子申告サービス(エルタックス)を利用して、電子データで作成した給与支払報告書をインターネット経由で提出することができます。

 

eLTAX(エルタックス)の利用をおすすめしています

eLTAX(エルタックス)のメリット
  • 事業所で給与支払報告書の作成と送信ができます。
  • 紙に印刷したり、提出する市区町村ごとに分けて郵送したりする必要がありません。
  • 源泉徴収票も同時に税務署へ送信することができます。
  • 無償のソフトウェア(PCdesk)で簡単に給与支払報告書を作成できます。
eLTAX(エルタックス)を開始するには
eLTAX(エルタックス)を運営している「一般社団法人地方税電子化協議会」のホームページ(外部サイトへリンク)を参照してください。

給与支払報告書への法人番号や個人番号の記載が義務となり、紙での提出は事務が煩雑です。

ぜひこの機会にeLTAX(エルタックス)をご利用ください。

 平成29年度(平成28年支払分)から、データ形式が変更されていますので、必ず最新のデータ形式で送信してください。

 一般社団法人地方税電子化協議会ホームページ(給与支払報告書のCSVレイアウト)(外部サイトへリンク)

 

光ディスク等での提出

(平成31年以降の元号の表示につきましては、便宜上、平成を使用するとともに西暦を併記しております。)

 

 法律により、平成26年1月1日以降に提出する給与支払報告書について、前々年分の所得税の源泉徴収票の提出枚数が1,000枚以上であった場合は、給与支払報告書をeLTAX(エルタックス)又は光ディスク等(CD、DVD、FD)によって提出することが義務付けられています。なお、平成30年度の税制改正により、平成33(2021)年1月1日以降の提出分は、提出枚数が100枚以上である場合に変更になります。

 

 例えば、平成31(2019)年1月に提出した「給与所得の源泉徴収票」の枚数が100枚以上であった場合には、平成33(2021)年1月に提出する「給与支払報告書」はeLTAX(エルタックス)又は光ディスク等による提出となります。


 光ディスク等により給与支払報告書を提出する場合は、あらかじめ申請により市長の承認を受ける必要があります。

 詳しくは税務課市民税係(0268-23-5115)までお問い合わせください。

 

 総括表の記載方法について

総括表とは

 総括表は、提出いただく給与支払報告書(個人別明細書)の報告枚数等をまとめていただくためのものです。
 給与支払報告書を、市県民税を給与から天引きする人(特別徴収)と退職等で天引きできない人(普通徴収)に分けていただき、総括表を表紙としてつけていただきますようお願いします。

 

給与所得者は特別徴収が原則です

 平成30年度から、長野県と県内全市町村において市県民税の特別徴収を徹底しており、法令の規定に基づき特別徴収をお願いしています。

 平成31年度から新たに特別徴収を開始する場合は、総括表に「特別徴収希望」と赤字で記載してください。

 長野県における個人住民税の給与からの特別徴収推進の取り組み(外部サイトへリンク)

 

普通徴収切替理由書(兼仕切紙)のご提出について

 長野県内では、平成30年度から原則すべての事業主(給与支払者)を特別徴収義務者に指定し、市県民税の特別徴収を徹底しています。

 普通徴収切替理由書の提出がない場合、原則どおり、特別徴収対象者となります。また、不備がある場合も、普通徴収への切替ができないことがありますので、ご注意ください。

 普通徴収切替理由書(兼仕切紙)の様式はページ下部の「様式等のダウンロード」にございます。

 

【普通徴収切替理由(長野県統一基準)】

符号

該当理由

普A

総受給者数(注1)が2人以下の事業所

普B

他の事業所で特別徴収されている(例:乙欄適用者)

普C

給与が少なく税額が引けない(例:年間の給与支給額が93万円以下)

普D

給与の支払が不定期(例:給与の支払が毎月でない)

普E

事業専従者(個人事業主のみ対象)

普F

退職者又は退職予定者(5月末日まで)

注1 受給者総人員から、上記「普B」~「普F」の理由に該当して普通徴収とする対象者(他市町村分を含む。)を除いた数です。

 

【記載要領】

  1. 普通徴収切替理由に該当し、かつ特別徴収できない方がいる場合は、該当理由の「人数」欄に、人数(上田市内に居住の給与受給者のみ対象)を記載し、毎年1月末日までに、給与支払報告書と併せて提出してください。
  2. 該当理由が複数ある方は、該当理由のいずれか一つに人数を記載してください。
  3. 符号「普A~普F」の6項目以外の理由(個人の希望、事務の増加、専任の経理担当者がいない等)による普通徴収への切替は認められません。
  4. 普Aの理由に該当するかどうかは、他市区町村の居住者も含めて計算し、事業所全体で判定してください。      
  5. 普Fの退職予定者は、個人別明細書の摘要欄に退職予定日を必ず記載してください
  6. eLTAX(エルタックス)等の電子媒体で給与支払報告書を提出する場合は、該当する方の「普通徴収」欄に必ずチェックを入力した上で、該当する符号(普Aなど)を摘要欄に記載してください。なお、普通徴収切替理由書の添付は不要です。

普通徴収の切替理由書

 

 ご注意いただきたい点

総括表を添付してください

  • 上田市では、前年度に給与支払報告書の提出があった事業所に総括表を郵送しています(※2)。上田市に提出いただく給与支払報告書には、郵送された総括表を添付してください。
  • 郵送された総括表の「給与支払者の名称又は氏名」欄及び「所在地」欄等に訂正がある場合には二重線で消していただき、赤字で訂正をお願いします(フリガナの記載もお願いします)。
  • 上田市から郵送された総括表以外の独自の様式を使用する場合は、郵送された総括表も併せて提出してください。
  • 上田市から総括表を郵送されていない事業所は、一般に配布されている総括表をご使用ください。様式はこのページ下部の「様式等のダウンロード」をご利用いただくか、上田市役所税務課の窓口にありますのでお持ちください。
  • 給与支払報告書の内容についてお問い合わせさせていただく場合がありますので、ご担当の方を「連絡者の係及び氏名並びに電話番号」の欄に記載してください。

 ※2 前年に給与支払報告書をeLTAX(エルタックス)にてご提出いただいている場合、総括表は送付しておりません。

 

給与等の受給者全員分を提出してください

  • パートやアルバイトの方や、給与支払額が2千万円を超え年末調整が不要な方についても給与支払報告書の提出が必要です。
  • 青色事業専従者への給与(確定申告をしている場合も含む)や、源泉所得税がかからない場合であっても提出が必要です。(青色事業専従者給与の場合は、摘要欄に「青専」と記載してください。)
  • 退職した方で、給与支払金額が30万円未満の方の場合は提出の義務はありませんが、公平、適正な課税のために提出をお願いいたします。
  • 提出の際は、特別徴収をする方と、特別な理由により普通徴収となる方がわかるよう、仕切紙にて区別してください。仕切紙の様式はページ下部の「様式等のダウンロード」をご利用ください。

 

記載漏れや誤りがないようにお願いいたします

  • 受給者氏名には必ずフリガナを記載し、受給者、披扶養者の個人番号(マイナンバー)を記載してください。
  • 生年月日は必ず記載してください。
  • 住所欄には、平成31年1月1日現在の住所(退職された方は退職時のもの)を記載してください。
  • 印字ズレのないようにしてください。(紙と印字位置があっていないものがあります。)
  • 印字は鮮明にしてください。(印字が薄く読み取れないものがあります。)
  • 就職、退職している場合は、その日付も記載してください。
  • 生命保険料控除がある場合は、必ず支払額を記載してください。記載内容に誤りがあった場合は、控除の適用外となることがあります。
  • 前職分の給与等を合算している場合は、摘要欄に前職の支払者、給与支払額、社会保険料、源泉徴収税額、退職年月日を記載してください。
  • 専従者給与の場合は、青色専従者の場合は摘要欄に「青専」、それ以外の方は「専従者給与」または「専給」と記載してください。
  • 内容を訂正して再提出する場合は、摘要欄に「訂正」と赤字で大きく記載してください。

 毎年、多くの記載誤りがあり、市県民税の課税額に影響する場合もありますので、記載誤りのないようご注意ください。

 

 また、受給者個人を特定するため、個人番号(マイナンバー)、氏名、フリガナ、生年月日は重要な項目です。記載誤りや記載漏れのないよう特にご注意ください。

 個人を特定できない場合には、事業所にお返しさせていただくことがあります。

 

 様式等のダウンロード

給与支払報告書(総括表)(PDF:216KB)

給与支払報告書(個人明細書)(PDF:152KB)

給与支払報告書の記載方法(PDF:3,308KB)

特別徴収の推進について(PDF:280KB)

特別徴収用仕切紙及び普通徴収切替理由書(兼仕切紙)(JPG:2,296KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

上田市役所財政部税務課

〒386-8601 長野県上田市大手一丁目11番16号

電話番号:市民税係 0268-23-5115

ファックス番号:0268-22-4136

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る