探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 暮らし・防災 > 税金 > 固定資産税(土地・家屋・償却資産) > 固定資産税(家屋) > 省エネ改修工事に伴う固定資産税の減額
URLを送る
印刷

更新日:2017年3月31日

省エネ改修工事に伴う固定資産税の減額

平成20年度の税制改正により、一定の要件を満たす住宅の省エネ改修工事を行った場合、その家屋にかかる固定資産税額の減額措置が受けられます。(1戸につき1回限りの適用となります。)

減額の対象となる住宅の要件

  1. 平成20年1月1日以前に所在する住宅(貸家は除きます)
  2. 改修工事が平成20年4月1日から平成30年3月31日までに行われていること
  3. 改修工事に要した費用が50万円を超えていること(国又は地方公共団体からの補助金等をもって充てる部分を除く)
  4. 改修後の住宅の床面積が50平方メートル以上であること

対象工事

  1. 下記のうち、(1)を含む工事
    (1)窓の断熱性を高める工事 (必須)
    (2)床の断熱性を高める工事
    (3)天井の断熱性を高める工事
    (4)壁の断熱性を高める工事
  2. 改修部位がいずれも現行の省エネ基準に新たに適合すること

固定資産税の減額

 省エネ改修工事完了した年の翌年度に限り、1戸あたり120平方メートル相当分までの固定資産税額の3分の1が減額されます。

例)平成29年に工事が完了した課税床面積150平方メートル、課税標準額900万円の住宅の場合

  • 固定資産税額 9,000,000円×1.4%=126,000円
  • 減額分 9,000,000円×1.4%×(120/150)×3分の1=33,600円
  • 減税中の税額 126,000円-33,600円=92,400円

平成30年度の固定資産税について、上記の減額が受けられます。

申告の際に必要な書類

  1. 熱損失防止改修工事証明書(建築士、指定確認検査機関、登録住宅性能評価機関、住宅瑕疵担保責任保険法人が発行)
  2. 省エネ改修工事に伴う固定資産税の減額申告書
  3. 所有者の住民票
  4. 省エネ改修工事に要した費用を証する書類(領収書など)
    (注)改修に要した工事費用が1戸当たり30万円以上50万円以下の場合は、平成25年3月31日以前に改修工事の契約が締結されたことを確認させていただくため、工事契約書の写しを添付してください。

 上記の書類を持参の上、改修工事完了後3ヶ月以内に上田市税務課まで申告してください。
 なお、省エネ改修に伴う固定資産税の減額申告書は次のファイルをご利用ください。

留意事項

 バリアフリー改修工事に伴う減額措置と併せて減額が受けられますが、新築住宅に伴う減額措置耐震改修に伴う減額措置と併せて減額は受けられません。

 ご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

上田市役所財政部税務課

〒386-8601 長野県上田市大手一丁目11番16号

電話番号:土地係・家屋係 0268-23-8240

ファックス番号:0268-22-4136

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る