探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 市政情報 > 上田市移住定住支援情報 > 令和2年4月1日着任 地域おこし協力隊を募集します
URLを送る
印刷

更新日:2019年12月20日

 

令和2年4月1日着任 地域おこし協力隊を募集します

上田市における「未婚化、晩婚化の解消」!

丸子温泉郷を拠点とした「イベントへの参画」「誘客促進」「観光情報の発信」!

 

yuki

 

  上田市全域または丸子(まるこ)地域で活動したいただく協力隊員、

 各1名の募集です。

  併願はできません。

  任用については、令和2年度予算の成立が前提となりますので、

 あらかじめご了承ください。

 

活動内容

詳細については応募要領(PDF:340KB)をダウンロードしてご確認ください。

 

上田市全域

上田市における「未婚化、晩婚化の解消」

 上田市は中央に日本最長の千曲川が流れ、菅平高原と美ケ原の二つの雄大な高原、四季折々の美しい景観と、大自然に恵まれた日本の原風景が広がっています。
 また、古代から信濃国の政治・文化の中心地でした。戦国時代には、全国にその名を馳せた智将・真田氏発祥の地としても知られており、菩提寺や館跡などゆかりの史跡も数多く残されています。江戸時代には、北国街道の宿場町として栄えました。信州の風土が生んだ豊かな食文化も魅力の一つです。

 その上田市での未婚化、晩婚化の解消のため、上田市結konkatu婚支援ネットワーク実行委員会と協働で、結婚適齢期世代の結婚に向けた意識の醸成、親、地域住民のサポート体制の構築、結婚を支援する方へのスキルアップに向けた取り組み、また、支援を必要としている方に必要な支援を確実に届ける効果的な情報発信をしていただきます。


ア 独身者対象婚活セミナー
イ 独身者対象婚活交流会
ウ 独身者の親向けセミナー
エ 結婚相談員などの支援者向けセミナー
オ その他、結婚の希望を叶えるための事業

 

丸子(まるこ)地域

丸子温泉郷を拠点とした「イベントへの参画」「誘客促進」「観光情報の発信」

 丸子地域は、かつて製糸業が盛んで「生糸の町・丸子」として海外にまでその名が知られ、現在もその歴史を引き継ぎ、製造業が盛んな地域です。
 また、上田市と松本市・諏訪市を結ぶ交通の要衝となっており、豊かな自然、文化と相まって多くの観光客が訪れています。
 観光の中心となっている丸子温泉郷は、長野県内の主要道路である国道254号に沿った3つの温泉地(鹿教湯温泉、大塩温泉、霊泉寺温泉)で構成される山間の自然豊かな温泉郷で、古くから湯治場として栄えてきました。その良質な泉質、豊富な湧出量、保養地としての良好な環境が認められ、「国民保養温泉地」として認定を受けています。
 この豊かな自然や観光資源を生かし、丸子温泉郷を拠点として、地域住民との協働による地域の活性化に向けた取り組みをしていただきます。

huukei

 

ア 丸子地域で開催されるイベントへの参画
 1 丸子地域で開催される観光、商工関係のイベントへの参画
 2 丸子温泉郷で開催されるイベントへの参画
 3 地域住民、関係団体との交流、連携
イ 丸子温泉郷の活性化に結び付く事業の企画、提案
 1 イベント、体験プログラムなどの企画・実施
 2 誘客促進の研究、提案
ウ 丸子地域の活性化を目指し、新たな手法による全国への情報発信の展開
 1 FacebookやブログなどのSNSを活用した観光情報の発信
 2 その他媒体による効果的で魅力的な情報発信の研究、提案
エ 県内外における観光PRの実施と誘客に結び付ける取組
 1 地元旅館組合など関係者と連携し、魅力を内外にPRするとともに、誘客に結び付ける営業活動

  (キャラバン、キャンペーン、商談会への参加など)

 

募集対象

詳細については応募要領(PDF:340KB)をダウンロードしてご確認ださい。

 

1 現在、3大都市圏をはじめとする都市地域(過疎、山村、離島、半島などの条件不利地域を除く)等に居住しており、令和2年4月1日までに上田市内に住民票を異動し任期終了後も地区に定住する意思があること。
 都市地域等の地域要件については、総務省の「地域おこし協力隊」の関連ページにある「特別交付税措置に係る地域要件確認表」でご確認いただくか、下記12の問い合わせ先へご連絡ください。
2 地域の活性化に意欲的であり、農業や田舎暮らしに興味があること。
3 心身ともに健康で、地域住民、行政と協力しながら誠実に活動に取り組むことができること。
4 パソコンの基本操作(ワード、エクセル、パワーポイントなど)及びインターネット、電子メール、SNS等の知識を有し活用できること。
5 普通自動車運転免許を有し、運転が可能であること。
6 土日及び祝日の行事参加や夜間の会議出席など、不規則な職務に対応できること。
7 市の条例及び規則等を遵守し、職務命令等に従うこと。
8 地方公務員法第16条の規定による欠格事項に該当しないこと。
9 令和2年4月1日に着任可能であること。

 

勤務地、給与等

 

勤務地 上田市全域(移住交流推進課)、丸子地域(鹿教湯温泉交流センター)のいずれかから選択(併願不可)
勤務時間 週28~35時間(予定)(原則午前9時から午後5時まで)
雇用形態、期間

任用形態:会計年度任用職員(地方公務員法第22条の2第1項第1号)

任用期間:初年度は任用日から当該会計年度の末日(最長3年まで延長可能)

報酬

 

月額166,000~208,300円(予定)

(厚生年金、健康保険及び雇用保険に加入しますので、保険料等が月額報酬から天引きされます。)

待遇、

福利厚生

 

 

 

 

 

 

1 協力隊員の住居に関する費用(家賃)及び通勤に係る費用は、国及び市の規定に基づき予算の範囲内で市が負担します。
2 活動に使用する車両、パソコン、作業道具、消耗品、旅費等は、国及び市の規定に基づき予算の範囲内で市が負担します。(公務以外の使用はできません。)
3 転居、引越しに係る経費及び居住に係る生活用品や光熱水費等は協力隊員の負担とします。
4 有給休暇は、年次休暇、特別休暇等があります。
5 業務に支障のない範囲での副業が可能です。(申請及び許可が必要です。)

 

申し込みについて

  • 申込受付期間

 令和2年1月20日(月曜日)17時 必着

 

  • 審査方法

 指定の応募用紙に必要事項を記入のうえ、令和2年1月20日(月曜日)午後5時必着で下記へ郵送または持参してください。

 提出があった応募用紙により書類選考を行い、1月下旬に第1次選考の合否を通知します。

 書類選考の合格者には2月上旬~中旬に上田市内で面接試験を行い、最終選考結果は2月末日までに文書で通知します。

 なお、提出された応募用紙は返却しません。

 

 【応募用紙の提出先】

  〒386-8601長野県上田市大手1-11-16

  上田市市民まちづくり推進部移住交流推進課
  電話0268-21-0061(直通)

 

  • 募集要領、応募用紙

募集要領(PDF:340KB)

応募用紙(PDF:148KB)
応募用紙(ワード:55KB)

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

上田市役所市民まちづくり推進部移住交流推進課

〒386-8601 長野県上田市大手一丁目11番16号

電話番号:0268-21-0061

ファックス番号:0268-25-4100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る