探したいことばは?

ここから本文です。

上田市ホームページ > 楽しむ・文化・スポーツ > 図書館・公文書館 > 上田市公文書館
URLを送る
印刷

更新日:2020年1月10日

上田市公文書館

外観1

 

 令和元年9月1日(日曜日)に、上田市公文書館が、丸子郷土博物館と併設する形で開館しました。

 

 これまで、合併した旧市町村の公文書は博物館、図書館、地域自治センターで分散して保管してきましたが、これらを公文書館に集約し、一元的に保存、管理を行います。

 

公文書館とは

 公文書館は、歴史資料として重要な公文書(歴史公文書)の収集・保存・管理を行い、後世に伝えるとともに、資料の閲覧や展示等を通じて公文書を公開し、その活用を図る施設です。

 

 

利用方法

1. 閲覧したい資料を探す

    閲覧室

閲覧室にある「目録検索システム」で検索することができます。インターネット環境があれば、自宅のパソコンなどから検索することもできます。

  上田市公文書館目録検索システム(外部サイトへリンク)

    

 

2. 閲覧申込み

 書庫に収蔵してある歴史公文書等の資料閲覧は、所定の閲覧等申込書の提出が必要になります。

 ※一度に申込みできる点数は5点までです。書庫

 

                            

 申込書のダウンロードはこちら⇩

     閲覧等申込書(ワード:48KB)

     閲覧等申込書(PDF:101KB)

 

 ★申込書はメール・Faxでも提出が可能です。

  mail:kobunshokan@city.ueda.nagano.jp

  Fax:0268-75-6683

 

      

 

3. 審査

 申込みいただいた資料については、当館で閲覧の可否を審査し、結果を申込み時、または後日ご連絡します。

 ※個人情報等が含まれる資料は閲覧できない場合があります。

 

      

 

4. 閲覧

 

 公文書館の収蔵資料等は、館内の閲覧室でのみ閲覧できます。

 

 

 

 その他様式

  1. 掲載等承認申請書    word(ワード:48KB)pdf(PDF:89KB)
  2. 寄贈申出書      word(ワード:46KB)pdf(PDF:71KB)
  3. 寄託申出書      word(ワード:46KB)pdf(PDF:71KB)

 

 

展示情報

 現在、開館記念展示ー第2弾ーを行っています。

 この機会にぜひご来館ください。

 

 1.期間 1月11日(土曜日)から3月31日(火曜日)

 2.場所 上田市公文書館1階ロビー

 3.料金 無料

 4.内容 特色ある収蔵文書を約10点ほど、パネルや写真と共に展示しています。

 5.展示文書 下記に抜粋

 

(1)信州上田城絵図(原本国立公文書館蔵)

上田城絵図 この上田城絵図は、正保元年(1644年)に幕府が諸藩に命じて作成させた城下町絵図で、正保4年(1647年)に製作されました。

 当時の城主は仙石政俊で、父の忠政が寛永3年(1626年)から5年にかけて復興した上田城の姿を忠実に描いているとみられます。城内には七基の櫓と二基の櫓門、石垣の高さや堀の水深・幅が描かれているほか、城下町の町割や山・川の位置・形状も詳細に描かれています。

 この絵図は国立公文書館で所蔵し、63点が国の重要文化財に指定されています。令和元年9月24日、加藤丈夫国立公文書館長より、複製品が上田市に寄贈されました。

 

(2)千曲川大洪水による復築堤防設置願

復築堤防願(絵図)-千曲川大洪水-明治32年 明治32年(1899年)の城下村役場の「堤防書類」には、12月6日付の「復築堤防設置願」があり、彩色された「千曲川」や「堤防請願ヶ所」の図面が添付されています。

 それによると前年の9月7日、千曲川の洪水のため堤防が流失・決壊し、河原にあった多数の桑園に大きな被害が発生しました。このため県知事に対して、ただちに上部35間(約63m)、高さ9尺(2.7m)の護岸堤防を修築するように懇願しています。

 明治20年から30年代にかけて千曲川では洪水が続き、大被害がありました。このため大正4年から内務省が本格的に治水工事に取り組み、昭和16年に一応完成しました。

 

(3)上田市・泉田村合併申請書上田・泉田合併申請書

 昭和31年(1956年)9月30日、上田市に神川村・泉田村が編入合併されました。泉田村は当時の面積が約10平方キロメートル、人口は3,326人でした。

 9月20日の県知事宛の「泉田村編入申請書」には編入の理由として「泉田村及び上田市は人情、風俗、習慣及び生活状態など共通するところが多く・・・灌漑(かんがい)用水路、道路、耕地の改良並びに農業経営上においても密接な関係を有す」としています。

 9月28日の「合併申合事項」では泉田村役場を当分の間支所として置くなど詳細に申し合わせを行い、上田市長・泉田村長・各議会議長が署名・押印しています。

 

 

 

 

展示説明会のお知らせ

職員による展示説明会を下記の通り開催します。

たくさんのご参加をお待ちしております。

 

1.日時

  1月18日(土曜日) 午前の部:10時30分から11時30分

            午後の部:13時30分から14時30分

  2月29日(土曜日) 午前の部:10時30分から11時30分

            午後の部:13時30分から14時30分    ※内容は全て同様です。

2.場所

  上田市公文書館1階ロビー

3.その他

  参加費無料、申込不要

4.詳細

  チラシ(PDF:755KB)

 

第1回公文書館講座のご案内

『年貢割付状と自然災害』をテーマに、収蔵資料である丸子地域の狐塚村年貢割付状(きつねづかむらねんぐわりつけじょう)から、江戸時代の生活や災害について読み解きます。

 

  1. 日時 2月13日(木曜日)13時30分~15時00分
  2. 場所 上田市公文書館 閲覧室
  3. 講師 堀内氏(上小郷土研究会会長)
  4. 定員 20名
  5. 料金 無料
  6. 持ち物 筆記用具
  7. 申し込み 1月21日(火曜日)~2月6日(木曜日)に、上田市公文書館へ電話、FAX、またはメールで。
  8. チラシ(PDF:794KB)

 

公文書館だより

上田市公文書館だより-創刊号-(PDF:1,165KB)

施設案内

 開館時間

 

 午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

 

 

 休館日

 月曜日、国民の祝日の翌日、年末年始(12月29日から翌年1月3日)

 

 

 ※全館禁煙

 

 住所

 

 〒386-0413 長野県上田市東内2564-1

 

 連絡先

 

 TEL 0268-75-6682

 FAX 0268-75-6683

 mail kobunshokan@city.ueda.nagano.jp

 

交通アクセス

 バス:千曲バス鹿教湯線 丸子郷土博物館前下車

 自動車:上田駅から約15キロ(約30分)

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

上田市役所総務部上田市公文書館

〒386-0413 長野県上田市東内2564-1

電話番号:0268-75-6682

ファックス番号:0268-75-6683

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る