ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

上田市 人権啓発推進委員会

更新日:2020年6月30日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

 上田市人権啓発推進委員会は、日本国憲法の理念にのっとり、部落差別をはじめとする差別意識解消のため、市民の自発的、自覚的活動を促し、人権意識の高揚を図ることを目的として設置されています。
 主な活動は、人権を考える市民のつどい、うえだ人権フェスティバル(いのち・愛・人権展)の開催、人権に関する標語、詩、作文、ポスターの募集、表彰、機関紙「ヒューマン上田」の発行等を行っています。

事務局:上田市役所教育委員会生涯学習・文化財課 人権同和教育係 Tel:0268-23-5197/Fax:0268-23-6368

上田市人権啓発推進委員会への補助金

年度別補助金額

年度

令和2年度 令和元年度

平成30年度

補助金額

2,850,000円 2,850,000円

2,850,000円

上田市人権関係団体活動支援事業補助金交付要領

(趣旨)

第1条 この要綱は、人権が尊重され、差別のない明るい社会を実現するため、上田市内のあらゆる差別をなくすことを主たる目的で活動する団体(以下「団体」という。)が行う、あらゆる差別をなくすための事業に要する経費に対し、予算の範囲内で補助金を交付することについて、補助金等交付規則(平成18年規則第46号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(対象団体)

第2条 補助金の交付の対象となる者は、次の団体とする。

 (1)上田市人権啓発推進委員会

 (2)上田人権擁護委員協議会上田支会

(対象事業)

第3条 補助金の交付の対象となる事業(以下「対象事業」という。)は、次の各号のいずれかに該当するものとする。

 (1)人権啓発に関する事業

 (2)人権相談に関する事業

 (3)前各号に掲げるもののほか、人権思想の普及啓発、人権擁護を達成するために必要な事業

2 事業の実施期間は、4月1日から翌年の3月31日までの期間とする。

3 対象事業が、次の各号のいずれかに該当する場合は、補助の対象としない。

 (1)同一年度において、他の制度による補助を受けているもの

 (2)同一年度において、他の制度による委託を受けているもの

 (3)事業の効果が特定の個人に帰属するもの

 (4)営利を目的としているもの

(補助金の額等)

第4条 補助金の対象となる経費は、対象事業に要する経費とする。ただし、次に掲げる経費は除くものとする。

 (1)団体運営のための経常的経費

 (2)団体構成員による飲食費

 (3)団体構成員に対する人件費及び謝礼のうち直接的経費と認められない経費

 (4)その他当該事業の実施に係る直接的経費と認められない経費

2 補助金の額は、補助金の対象となる経費の10分の10以内とし、予算の範囲内で交付するものとする。

3 補助金の交付回数は、当該年度において同一団体につき1回限りとする。

(その他)

第5条 この要領に規定するもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

 

附則

この要領は、平成20年4月1日から施行する。

この要領は、令和2年4月1日から施行する。