ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・建設 > 入札・契約情報 > 入札契約に関する要綱・要領 > 「建設工事等最低制限価格制度事務処理要領」及び「建設コンサルタント業務等最低制限価格制度取扱要領」の一部改正(掲載日:平成31年4月24日)

本文

「建設工事等最低制限価格制度事務処理要領」及び「建設コンサルタント業務等最低制限価格制度取扱要領」の一部改正(掲載日:平成31年4月24日)

更新日:2019年12月23日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

 「建設工事等最低制限価格制度事務処理要領」第4条第1項に規定する低入札基準価格の設定、第5条第1項に規定する最低制限価格の設定及び第6条に規定する失格基準価格の下限について、「10分の7」から「10分の7.5」に改正します。なお、失格基準価格については森林整備業務においても適用されます。
 また、「建設コンサルタント業務等最低制限価格制度事務処理要領」第3条に規定する「地質調査業務」の最低制限価格の設定にあたり、諸経費の額に乗ずる値を、「10分の4.5」から「10分の4.8」に改正します。
 平成31年5月1日以降に入札の告示又は指名の通知を行う案件から適用します。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)