ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

二十歳の歯科検診

更新日:2022年4月1日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

上田市では20歳の歯科検診を実施しています。

歯が痛くないので、歯科医院に長い間行っていないという方も多いのではないでしょうか。
ひとりの大人として自分の健康を守るためにも、将来お父さん・お母さんになった時のためにもこの機会にぜひ検診を受けましょう。

なぜ20歳?なぜ歯科検診?

  1. 口腔・歯科保健は、全身の病気予防につながります。
    1. 生活習慣病にかかりやすい!
      歯周病にかかると、歯周病菌やその毒素が血液中に入り、全身をめぐることで、
      動脈硬化を誘導したり、血糖値をさげるインシュリンの働きを抑えるなどの影響があります。
      (心筋梗塞や糖尿病につながります)
    2. 早産や低出生体重児の出産の危険度があがる!
      妊婦が歯周病にかかると細菌が胎盤を通じて胎児に直接感染すると言われています。
  2. 20歳は、検診受診のベストタイミング!
    1. 12年の受診空白期間がある!
      赤ちゃんから在学中までの期間は、定期検診が行われていますが、高校卒業後はその機会がなくなります。市で行う30歳の検診までの間、歯周病にかかる人もいます。
    2. 新成人は自立の時期
      人生の節目を迎え、将来の自分自身の健康管理を意識する機会にしましょう。

詳細【令和4年度】

対象者

上田市に住所を有する令和4年4月1日時点で20歳の方
(平成13年4月2日から平成14年4月1日生まれの方)

受診方法

はがき(4月に郵送)裏面記載の歯科医療機関へ電話予約をして受診する
※はがきを紛失した際には、上田市健康推進課・各保健(健康)センターで再発行できますが、運転免許証などで生年月日と住所の確認ができれば受診できます。

検診期間

令和5年2月28日まで(年度内1回のみ)

医療機関一覧

歯科医院一覧 [Wordファイル/77KB]

その他

検診に続いて、治療や処置等を必要な場合は自己負担となります。