ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉・子育て > 健康 > 感染症・特定疾患 > 上田圏域の感染経路について

本文

上田圏域の感染経路について

更新日:2021年9月17日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

1 上田圏域の感染経路

 上田圏域における直近1週間(9月9日~15 日)の新規陽性者数は 55 人、人口 10 万人当たりでは 28.34 人となっており、前週と比較して2.9倍と激増している状況です。この内、49人が上田市での新規陽性者です。
 次の表でも確認できますように、感染経路不明者から家族や職場に感染が拡大する事例のほか、飲食店における感染などのリスクの高い事例が発生しており、東信地域の確保病床使用率は 44.0%(9月15日時点)まで上昇しています。
 上田圏域における感染がさらに拡大すれば、全県の医療提供体制に大きな影響を及ぼす恐れがあります。
 市民の皆さまには、以下の県公表データも参考に、感染対策を「ゆるめることなく」、自分は大丈夫だろうと「あなどらず」、感染防止対策を日常の「しゅうかん」として、感染防止にむけた取り組みにご協力をお願いします。

感染経路
長野県の主な対策強化

  • 大人数の集まりや人込みを避け、様々な集まりは中止又は延期を
  • 買い物は回数を減らし、少人数ですいている時間に
  • 職場では在宅勤務やテレワークの活用のほか、休暇取得の奨励を
  • 酒類の提供を行う飲食店に限らず、感染拡大予防ガイドラインを遵守していない等、感染防止対策が不十分な店舗や施設の利用を控えるよう要請します

参考情報

>新型コロナウイルス感染症に関する情報
>長野県新型コロナウイルス感染症・感染警戒レベル<外部リンク>