ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 生活・防災 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険税の課税計算誤りがありました

本文

国民健康保険税の課税計算誤りがありました

更新日:2021年11月29日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

 令和3年度の国民健康保険税の課税計算において、税制改正によって変更となった軽減判定に誤りがあり、税額が本来より安くなっていることが判明しました。

1 軽減判定誤りの内容

原因

 国民健康保険税のシステム委託業者が、本年6月に行った税制改正に伴うシステム改修において、課税判定プログラムの設定が適切に行われていなかったことで、軽減判定基準額に関係する「給与所得者等の数」のカウントに誤りが生じました。このため、令和3年7月の本算定において、本来の軽減区分より多く軽減していた(保険税を低く計算していた)世帯が複数発生しました。

判明の経過

 国民健康保険税のシステム委託業者から報告があり、軽減判定誤りが判明しました。

対象世帯数及び金額

 対象世帯数 12世帯、追加納付金額 297,400円

 令和2年度以前の税額への影響はありません。

2 今後の対応

 対象者の皆様へ速やかに訪問し、更正決定通知書にて内容を説明し、謝罪するとともにご理解いただくよう努めてまいります。

 今後、同様の事案が発生しないよう、システムの仕様や地方税法の適用関係等の確認事務を十分に行い、システム委託業者と更に連携を深め再発防止に努めてまいります。