ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 農林部 > 農政課 > 高収益作物次期作支援交付金のご案内 → 締切りました

本文

高収益作物次期作支援交付金のご案内 → 締切りました

更新日:2020年7月8日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>
8月20日木曜日をもって、応募は締切りました。

事業について

 新型コロナウイルス感染症の発生により売り上げが減少するなどの影響を受けた高収益作物(野菜、花き、果樹、茶)について、次期作に前向きに取り組む生産者の皆様を支援いたします。

事業の内容

1 需要対応のための生産支援(要綱第4の2の(1)関係)

 (1)基本単価

 【支援単価】5万円/10a  ※中山間地域等では単価を1割加算

 (2)施設栽培のうち高集約型品目

 

対象品目

対象施設

支援単価

施設花き

施設栽培の

花き、大葉、わさび

加温装置(空調装置)又はかん水装置がある施設

※いわゆる雨よけハウスは除きます

80万円/10a

施設果樹

施設栽培の

マンゴー、おうとう、ぶどう

加温装置(空調装置)又

はかん水装置がある施設

※いわゆる雨よけハウスは除きます。

25万円/10a

※中山間地域等の1割加算はありません

 

2 需要促進の取組支援(要綱第4の2の(2)関係)

 【支援品目】野菜・花き・果樹・茶

 【支援単価】2万円/10a  ※中山間地域等では1割加算

取込類型

取組項目

導入面積の考え方

ア 新たな直販等を行うためのHP等の環境整備

新たな需要に対応するため、既存の販売ルートに加えて、新たな契約先の確

保や直接販売などにより販路を拡大することにより、需要の変動に影響されない生産・販売体制の確立を実現

(1)新規契約の締結

 

新規契約面積

(2)追加契約の締結

 

追加契約面積

(3)需要開拓による販路の変更

 

取引成立面積

イ 新品種・新技術導入等に向けた取組

価格競争力を高める新品種・新技術等を導入することにより、生産される高品質で希少性のある高収益作物を商材として、国内外の新たな販路を開拓することにより、収益性の高い経営基盤の確立を実現

(1)都道府県知事が定める新品種の導入

導入面積

(2)都道府県知事が定める新技術の導入

ウ 海外の残留農薬基準の対応又は有機農業・GAP等の取組

輸出を視野に入れた海外の残留農薬基準等に対応した栽培法への転換や、国際水準の有機農業や目指し生産基盤の強化を実現

(1)残留農薬基準等への対応

取組面積

 

(2)有機農業の認証取得に向けた取組

(3)GAPの認証取得に向けた取組

(4)MPS(花き生産総合認証)の取得に向けた取組

 

3 厳選出荷の取組(要綱第4の2の(3)関係)

 高品質なものに限定して出荷するなどの工夫を行う生産者に対して、その取組を行った人数・日数に応じ1人・1日あたり2,200円を支援します。

 【支援品目】花き、茶、施設栽培の大葉、わさび、マンゴー、おうとう及びぶどう

 【支援単価】人数・日数に応じ、1人1日当たり2,200円

 ※新型コロナウイルス感染症の影響を受け、厳選出荷に取り組んだ期間が対象となります。

 【取組例】

 (1)花き

 フラワーネット張りの調整、施肥(追肥・葉面散布)、防除、芽かき・摘花・整枝、選別・荷造り、出荷調整(冷蔵貯蔵施設等を利用した⾧期保管による出荷量調整)等

 (2)大葉・わさび 

 施肥(追肥・葉面散布)、防除、摘葉、灌水管理、遮光管理、選別・調製、出荷調整(冷蔵貯蔵施設等を利用した出荷量調整) 等

 (3)茶

 被覆、化粧ならし・遅れ芽除去、手摘み、生葉の格付け・コンテナによる分別、風力選別機による木茎の除去、仕上げ機による粉の除去等

 (4)果樹

 施肥(追肥・葉面散布)、防除、摘果・摘粒、灌水管理、植調剤の適期処理□選別・荷造り、出荷調整(冷蔵貯蔵施設等を利用した⾧期保管による出荷量調整)等

 

支援対象となる生産者

1 令和2年度2月から4月の間に野菜、花き、果樹、茶について、出荷実績がある又は廃棄等により出荷できなかった生産者

2 収入保険、農業共済等のセーフティネットに加入すること、又は、加入を検討すること。

提出書類

1 取組計画書(様式6-1,2)
2 高収益作物時期作支援交付金の取組例
 ※80万円/10aの対象品目:施設栽培の花き、大葉及びわさび
 25万円/10aの対象品目:施設栽培のマンゴー、おうとう及びぶどう
3 令和2年2月から4月までの間に対象の高収益作物を出荷したことが確認できる書類(領収書、納品書など)、廃棄した場合は高収益作物を廃棄したことが確認できる書類(前年度産の出荷実績及び今年度の廃棄理由書)
4 次期作への取組み面積が分かる公的資料(令和2年度営農計画書、農地台帳、共済細目書など)

提出期限

 令和2年8月20日(木曜日) 必着 → 締切りました

提出先

 上田市役所農林部農政課(上田農業再生協議会事務局)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)