ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 産業振興部 > 農業政策課 > 春の農作業安全確認運動について

本文

春の農作業安全確認運動について

更新日:2024年5月7日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>
3月から5月は春の農作業安全確認運動期間です。

重点推進テーマ

『徹底しよう!農業機械の転落・転倒対策』
乗用型トラクターなど農業機械の転落・転倒による死亡事故が多く発生していることから、主に次に掲げる取組の徹底を図ります。

【事故防止対策】
○ ほ場周辺の危険箇所の確認・危険回避行動の実践
(危険箇所での減速、危険箇所の迂回ルートの設定など)
○ 危険箇所の改善(道路端や曲がり角の草刈り、路肩の補強など)
【被害軽減対策】
○ シートベルトとヘルメットの着用
○ 安全フレーム付きトラクターの利用

3~5月のワンポイント

▶例年、全国的に農作業が本格化する春以降に、農業機械の転落・転倒を中心に農作業死亡事故が急増する傾向にあります。
▶このため、3月から始まった「令和6年春の農作業安全確認運動」では、転落・転倒事故の防止対策と被害軽減対策の徹底を重点推進テーマに設定しました。
▶防止対策として、(ア)転落・転倒のおそれがある危険箇所を確認し、(イ)補強したり封鎖することが重要ですが、こうした対策が難しい場合は、(ウ)迂回したり、草刈りや目印を設置することでも効果が期待できます。
▶また、死亡率を8分の1に減らすことができるシートベルト装着は、習慣になるまで続けることが重要です。ヘルメット着用で頭部を保護しながら安全意識も高めましょう。
▶今年の春作業こそは、お互いに声を掛け合って「事故ゼロ」を達成しましょう。

草刈り時の飛び石事故に注意しましょう

刈払機(草刈機)を使用して草刈りを行う際には、次の点に注意して行いましょう。

(1)地面の異物を除去し、周囲に人や車がいないことを確認しましょう。
(2)周囲と十分な距離を確保できない場合には、人や車の通行時に刈払機(草刈機)を停止させたり、通行の少ない時間帯に作業を行いましょう。
(3)飛び石飛散防止カバーやネットを活用しましょう。

熱中症に注意しましょう

炎天下での農作業は、熱中症の危険性を高めます。次の点に注意して行いましょう。

(1)蒸し暑い時間帯の作業を避けましょう。
(2)意識的な休憩・水分補給を行いましょう。
(3)帽子や風通しのいい服装を着用し、暑さを避ける工夫をしましょう。
(4)体調不良を感じた際には、すぐに作業を中断しましょう。