ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 生活・防災 > 環境保全 > 制度 > 上田市新エネルギー活用施設設置費補助制度(令和2年度)

本文

上田市新エネルギー活用施設設置費補助制度(令和2年度)

更新日:2021年3月23日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

令和2年度上田市新エネルギー活用施設設置費補助金は令和3年4月1日から上田市地球温暖化対策設備設置費補助金に変わります。

 令和3年度上田市地球温暖化対策設備設置費補助金制度については下のリンクからご覧ください。

 令和3年度上田市地球温暖化対策設備設置費補助金制度

上田市では、新エネルギー活用施設(住宅用太陽光発電システム、住宅用太陽熱利用システム以下「活用施設」とする)を設置する方に予算の範囲内で補助金を交付します。
 ※本制度は事前申請となります。補助申請書は必ず工事着工前に提出してください。なお、申請の際は注意事項をよく御確認ください。また、今年度申請した事業の実績報告は年度内に行ってください。

太陽光発電システム

太陽光発電の仕組み
(出典:新エネルギー財団ホームページ)

住宅または同一敷地内にある倉庫等へ設置する太陽電池モジュールの公称最大出力の合計が10kW未満のもの。

太陽熱利用システム

太陽熱高度利用システムの仕組み
 (出典:新エネルギー財団ホームぺージ)

【強制循環型】
給湯や冷暖房等に利用するシステムで、集熱器とお湯を貯める部分が完全に分離しているもの。集熱器の中で不凍液等を加熱し、動力を使用して不凍液等を強制循環させる仕組み。

	自然循環型イラスト

(出典:一般社団法人ソーラーシステム振興協会)

【自然循環型】
集熱部とお湯を貯める部分が一体となっており、循環に動力を使わないもの。

 

補助金額

対象経費 補助金額
太陽光発電システムの設置に要する経費

1kW当たり16,000円(上限96,000円)

太陽熱利用システムの設置に要する経費(既存設備の処分費を除く)

【自然循環型システム】
10分の1以内。ただし15,000円を限度とする。

【強制循環型システム】
10分の1以内。ただし50,000円を限度とする。

(注)補助金の交付は、対象経費の種類ごとに1基を限度とする。

交付対象者

次の要件を満たす方

(1) 住宅に活用施設を設置しようとする市内に住所を有する方又は活用施設が設置された住宅で販売を目的としたもの(例:建売住宅)を購入しようとする市内に住所を有する方
(2) 補助金の交付の申請をした年度内に活用施設の設置を完了することができる方
(3) 住宅が自己の所有に属さない場合にあっては、所有者の承諾を得られる方
(4) 市税の滞納がない方

補助実績

上田市新エネルギー活用施設設置費補助金経年実績(R2年3月31日現在) [PDFファイル/48KB]

パンフレット

上田市新エネルギー活用施設設置費補助金案内 [PDFファイル/209KB]

注意事項 

申請における注意事項 [PDFファイル/429KB]必ず御確認ください。

実績報告における注意事項 [PDFファイル/381KB]必ず御確認ください。

申請書類等

補助要綱

新エネルギー活用施設設置費補助金交付要綱[PDFファイル/91KB]

信州屋根ソーラーポテンシャルマップ

 長野県では、屋根での太陽光発電・太陽熱利用など、自然環境・生活環境に優しい再生可能エネルギーの普及を進めるため、ご自宅・事業所の屋根の発電量・電気代金節約額などの詳細なデータを確認できる「信州の屋根ソーラーポテンシャルマップ」を公開しています。ぜひ、ご活用ください。

信州屋根ソーラーポテンシャルマップ<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)