ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 生活・防災 > 防犯・安全 > 消費生活 > 廃品回収 違法業者にご注意!

本文

廃品回収 違法業者にご注意!

更新日:2020年3月16日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

 独立行政法人国民生活センターに寄せられている相談事例から、この時期に特に注意が必要な相談事例と、対策のポイントをお伝えします。

事 例

1 不用品の処分をしてもらおうと、投げ込みチラシの事業者に電話をすると「費用は3万円くらい」と言われたが、来訪すると30万円を提示された。高いとは思ったが、仕方なく支払った。

2 他県に住む親がチラシを見て、廃品回収を事業者に依頼した。チラシには「廃品回収代金が8万円」と書かれていたが、実際には47万円請求され、支払ってしまった。

消費生活相談員からのアドバイス

 家庭の廃棄物を回収するには、市町村の「一般廃棄物処理業許可」や委託を受けた業者に限られており、無許可の回収業者が収集することは認められていません。安易に廃品回収業者に処分を依頼することは、トラブルや不法投棄の元になりやすいので注意が必要です。

 また、投げ込みチラシ等を見て事業者に廃品回収を依頼する場合、チラシに記載されている金額で契約できるとは限りません。作業終了後に突然高額な金額を請求されるケースもあります。契約時や作業開始前に追加料金がないか確認しましょう。

 不審に思った場合や、トラブルにあった場合は、消費生活センター等に相談しましょう。(消費者ホットライン188)