ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 生活・防災 > 防犯・安全 > 消費生活 > パソコンに突然現れるウイルス感染警告に注意!

本文

パソコンに突然現れるウイルス感染警告に注意!

更新日:2021年4月1日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

 上田市消費生活センターに寄せられている相談から、特に注意が必要な相談事例と、対策のポイントをお伝えします。

パソコンに突然現れるウイルス感染警告に注意!(令和3年4月1日)

 パソコンを利用中、急に画面がフリーズし、「ウイルス感染している可能性がある」とのメッセージが出た。画面が消えず、仕方なく表示されていた連絡先に電話すると、「大手ソフト会社の認定会社である。ウイルスが入ったので取り除く必要がある」と言われ、迷ったが、遠隔操作によるウイルス除去を承諾。遠隔操作した後、パソコンは普通に使用できるようになったが、代金は8万円と言われた。その後、片言の日本語の女性から電話があり、自分のクレジットカードで決済できなかったため、コンビニで電子マネーを購入して支払うように言われたが、これは詐欺ではないか。

消費生活相談員からのアドバイス

 このようなセキュリティ警告は、実際のウイルス感染を警告しているわけではなく、パソコンの画面上に広告が表示される仕組みを使い、画面の前面に偽の警告画面を表示させているものがほとんどです。多くの場合、見ていた画面を閉じ、パソコンを再起動させれば、警告音や偽の警告画面を閉じることができます。

 この事例のように、遠隔操作によって高額な請求を受けるだけでなく、パソコンの中のクレジットカード情報や個人情報を盗み取られ、さらなる被害を受ける可能性もあります。絶対に電話をかけないようにしてください。また、偽の警告画面にあわてないためには、普段からウイルス対策ソフトで防御しておくことが重要です。

 警告画面が消せなかったり電話をかけてしまった場合など、困ったときは上田市消費生活センター(電話75-2535)か、消費者ホットライン(局番なしの188)へ、早めにご相談ください。