ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 都市建設部 > 建築指導課 > 災害救助法に基づく住宅の応急修理について

本文

災害救助法に基づく住宅の応急修理について

更新日:2020年3月1日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

台風19号により被災した住宅について、日常生活に欠くことのできない部分の応急的な修理を支援します。

この制度は、必要最小限の修理を行うことで、被災者が引き続き元の住宅に住むことができるようにするものです。

 

 令和元年度台風19号における住宅の応急修理実施要領 [PDFファイル/6.04MB]

 災害救助法に基づく住宅の応急修理について(ご案内) [PDFファイル/907KB]

 住宅の応急修理事務処理フロー [PDFファイル/61KB]

 

対象者

次の条件を満たす者(世帯)

 

 1.住宅が『半壊』または『一部損壊(10%~20%)』し、自らの資力では応急修理することが出来な

  い者、または住宅が『大規模半壊』した者

 2.応急修理を行うことで、避難所へ避難を要しなくなることが見込まれること

 3.災害救助法に基づく応急住宅(仮設住宅)を利用しないこと

 

(1)『全壊』の場合

   応急修理をすることで住居可能であれば対象となる場合があります。ただし、『全壊』の判定を

   受けた住宅については、安全と思われる建築であっても、水害等により、住宅の構造上重要な部

   分(基礎、柱、梁、壁、屋根、床等)に重大な被害が生じている恐れがあるため、総合的に安全

   性を確認出来る資格を有する

   方に、本ページ下部にある『修理事業者向けガイド』を参考に、安全性の確認をして頂いた方が

   安心です。

(2)『半壊』、『一部損壊(10%~20%)』の場合

   制度を利用するには自らの資力では応急修理することができない場合に限ります。

 

応急修理の範囲

住宅の応急修理の対象範囲は、壊れた屋根、外壁の補修など、日常生活に必要欠くことができない部分にあって、緊急に応急修理を行うことが適当な箇所が対象となります。

 

 〇基本的な考え方

  応急修理の箇所や方法等について基本的な考え方は、以下のとおりです。

 

  1.台風19号の被害と直接関係のある修理のみが対象です。なお、通電火災による被害は対象外と

   なります。

  2.内装に関するものは原則として対象外です。

  3.家電製品は対象外です。

 

 住宅の応急修理に係る工事例 [PDFファイル/5.98MB]

 応急修理 対象内外工事事例 [PDFファイル/57KB]

 

費用の限度額

1世帯当たりの限度額は 

 ・住宅が、『半壊』または『大規模半壊』の被害を受けている 595,000円(税込)

 ・住宅が、『一部損壊(10%~20%)』の被害を受けている 300,000円(税込)

 ※限度額を超過した分は、自己負担となります。

 ・同一世帯(1戸)に2以上の世帯が住居している場合に、住宅の応急修理のために支出できる費用

  の額は、1世帯当たりの限度額以内となります。

 ・借家の取扱いについて、詳しくはお問い合わせください。

 ※修理の費用を市が直接業者に支払う制度ですので、被災された方に費用が支給されるものではあ

  りません。

 

申込みについて

令和元年10月28日(月曜日)から申し込みを受け付けます。

上田市役所 北庁舎1階 建築指導課 応急修理相談窓口 電話0268-23-5430

午前8時30分~午後5時15分 ※土日祝祭日にご相談の場合は事前にご連絡ください

 

様式集

申し込み時必要書式(申し込み者)

対象者の方で住宅の応急修理を申し込みたい方は、下記の書類に記入のうえ、必要書類を持参し申し込み場所へお越しください。

 

 ・(様式1)住宅の応急修理申込書 [Wordファイル/20KB]

 ・(様式2)住宅の応急修理申込チェックシート [Excelファイル/14KB]

 ・(様式3)資力に関する申出書 [Wordファイル/33KB]

 ・住宅の被害状況が確認できる市が発行した『り災証明書(写し)』

  り災証明書の発行について(上田市役所 市民参加・協働推進課)

 

委託業者決定後の必要書類(申し込み者、委託業者)

お申し込み後、「(様式4)応急修理申込の受理通知書」の交付を受けた⽅は、依頼した委託業者と希望する修理箇所、修理⽅法等を打ち合わせ後、下記の書類を申し込み者及び建設事業者ともに内容確認し、提出してください。

依頼したい建設事業者等がない場合は、市が⽤意した業者リストから選定していただきます。

また、上田市防災支援協会への斡旋もおこなっています。

被災された住宅は、安全と思われていても、構造的に重⼤な被害を被っている可能性があります。

修理箇所及び修理優先度について、委託業者に調査してもらい、専⾨的な意⾒を確認してください。

 

 ・(様式6)修理見積書 [Wordファイル/28KB]

 ・被害状況、工事予定箇所を示す施工前の写真

 

 ※依頼したい建設事業者(⼯務店等)がある⽅は、事業者に下記書類の⼿続きをご案内ください。

 ・(様式7)上田市応急修理事業者登録申請書 [Wordファイル/33KB]

 

委託契約時の必要書類(委託業者)

「応急修理施工業者決定後の必要書類」の提出受付後、内容の確認が済むと市から委託業者へ「(様式8)修理依頼書」、申し込み者へ「(様式9)応急修理決定通知書」が渡されます。

委託事業者は、下記の請書又は契約書の提出をお願いします。

 

 ・請負金額が50万円未満(様式10)請書 [Wordファイル/35KB]

 ・請負金額が50万円以上(様式10-1)業務委託契約書 [Wordファイル/62KB]

 

 ※⼯事内容や⼯事時期によって、修理⾒積書と請書は併せて提出して頂けます。
 ※委託業者は、最終的な修理⾒積内容について、申し込み者と確認してください。
 

委託工事完了後の必要書類(委託業者)

委託業者は、応急修理完了後、修理内容について、申し込み者と確認の上、下記の報告書を提出してください。


 ・(様式11)事完了報告書 [Wordファイル/18KB]

 ・(様式12)業者請求書 [Wordファイル/19KB]

 ・修理に係る全ての部分の写真(施⼯前、施⼯中、施⼯後)

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)