ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 農林部 > 森林整備課 > 松くい虫防除のための地上薬剤散布を実施します

本文

松くい虫防除のための地上薬剤散布を実施します

更新日:2021年6月2日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

令和3年度の薬剤地上散布は予定どおり終了しました。

御協力ありがとうございました。

 

 上田市では松くい虫による松枯れの被害予防のため、文化財や保存樹木等に、地上からの薬剤散布を実施しています。
 今年度は下記のとおり実施いたしますので、周辺地域の皆様には大変御迷惑をお掛けしますが、松くい虫被害の防止に御理解と御協力をお願い申し上げます。
 なお、当日は隣接する人家の皆様は窓・戸を締め切り、戸外に洗濯物や食べ物を置かない、車などを付近に駐車しない、また、小さいお子様を近くで遊ばせないよう御注意ください。

 

実施箇所、日程

 令和3年度実施箇所、予定日時の一覧表 [PDFファイル/165KB]
※雨天または強風の場合、予備日に延期します。
※開始・終了予定時刻は、当日の状況等により前後することがありますので御承知ください。

実施箇所の位置図

散布予定の施設・保存樹木等の位置図 [PDFファイル/1.17MB]

使用する薬剤と散布方法

使用する薬剤 エコワン3フロアブル(ネオニコチノイド系)
人畜毒性 普通物(毒物・劇物には該当しません)
魚毒性 A類(通常の使用方法では魚介類に影響はありません)
散布回数 1回
希釈倍率 200倍
希釈薬剤散布量 1ヘクタールあたり1,200リットル

参考写真

薬剤散布状況
地上散布は、動力噴霧機を使用して散布します。

松くい虫被害木(中央の赤くなった松)
松くい虫の被害にあった松は赤くなって枯れてしまいます。
枯れてしまった松は建物や道路に倒れてくることがあり、大変危険です。
また、被害木を安全に伐採するには高額な費用がかかるため、松くい虫被害にあわないよう、事前に予防する必要があります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)