ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・建設 > 農林業 > 森林整備 > 伐採及び伐採後の造林の届出等の制度

本文

伐採及び伐採後の造林の届出等の制度

更新日:2019年12月12日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

 森林所有者等が森林の立木を伐採するときは「伐採及び伐採後の造林の届出書」、伐採後の造林が完了したときは「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書」の提出が必要です。

届出書・報告書の内容

森林の立木を伐採する場合、伐採及び伐採後の造林の届出書を事前に提出することが義務付けられています。
また、伐採後の造林が完了したときは、事後に伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書の提出が義務付けられています。

届出の対象者

森林所有者や立木を買受けた者などです。
立木を伐採する者と伐採後の造林を行う者が異なる場合は、共同で提出します。

届出書・報告書と一緒にお持ちいただくもの

伐採する場所又は造林した場所の位置図

提出期間

  1. 伐採及び伐採後の造林の届出書 伐採する日の90日から30日前までに提出してください。
    保安林における伐採の場合は、お問い合わせください。
  2. 伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書 造林を完了した日から30日以内に提出してください。

届出書用紙サイズ

A4縦の普通紙で印刷してください。

受付窓口

受付時間

平日8時30分から17時15分まで

休館日

土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始12月29日から1月3日まで

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)